小1の壁とは・・・学童保育選び、その前に

小学一年生の1学期の下校時間は、給食が始まったあとでも、1時半頃です。小学校は、学習がメインとなりますが、帰り時間は幼稚園正並みです。
働くママにとって、この下校時間の早さは、どうしたものか・・・。学童保育って共稼ぎ家庭の子供なら誰でも入れるのよね・・・。その考え、ちょっと待った!です。

共稼ぎの家庭の子供を、自分が帰宅する前までの子供の預け先として、「学童保育」があります。

学校敷地内に併設されていたり、学校から少し離れたところにあったり。ただ、公営の学童は、保育時間が保育園より短くなることがほとんどのようです。

また、保育園入園時ほど熾烈な競争率に至りませんが、地域や学年により入所が難しいとも聞いています。その場合、残念ながら、近くの学童に入れなかった場合は、自治体に相談をしてみることも視野にいれてください。

私の知人は、登校先併設の学童に入れなかった為、自治体と交渉して少し離れた場所にある学童までの往復の交通費(タクシー代)を出してもらえた。と聞きました。電車はバスに一人で乗せるのは、心配だが、タクシーなら確かに安心だし、その申し出には当面上は、問題ありませんよね。

そこには、自治体との間で「定員を上回ったから入れません。」
「そうですか・・・。」という単調な会話でけでは終わらずに掘り下げた会話力と努力と根気が必要だったと思います。

私だったら、絶対その場で退くパターンだ・・・とその話を一通り聞き、知人の行動力に感動すると同時に羨望の眼差しをおくっていました。ところが、当の本人は、「学童の需要量を認識していながら何年も見合わせている自治体にも問題がある。」
と話していました。言われてみれば、確かにそのとおりで、現場の声が今後の矛先を変えていく一番の方法と言っても過言ではありません。

全ての方にこういう方法が出来て、全ての自治体に柔軟な動きを見せてもらえる期待は少ないです。

ただ1つ言える事は、知人は、早い時期から入所させたい学童保育先の情報を調べ、その地域の学童保育の需要量と包容量の実態に違和感を持っていたことです。言い換えてみれば、この結果は、忙しい時間の中で学童保育に必要な知識と情報の収集を行った賜物です。

 通わせたい学童保育を利用している子供を持つ、保育園ママからの情報や保育園の先生、そして自治体に対しての情報を集めることを早く行うことで、見えてくるもの、気付きが変わってくることでしょう。

もしかしたら、働くママが入学準備で一番必要不可欠な事が、【学童保育選び】かもしれません。

幼稚園卒のママって保育園卒の子供をどう思っているの?

小学校入学前、今さら何も変えられない事実でありますが、子供の出身が幼稚園か保育園かでどこかに違いが出てくるものだろうか?
と心配をしたことのある親御さんもたくさんいるのではないでしょうか?

私の子供は保育園を卒園しました。
幼稚園卒の子供は、お行儀が良く読み書きの知識もあり、習い事を色々としているイメージがありました。
また、ママ友同士でランチやお茶をする時間を共有し、仕事を頭の片隅に置きながらのランチとはまるでライフスタイルが違い、そういう環境がむしろ子供に与える影響力が強いのでは・・・?と感じていました。

15年以上前に幼稚園卒の子供達を育てた私の姉妹は、保育園卒の子供達にあまりいいイメージを持っていなかった事も確かで「かわいそう・・・」とも言われたことを覚えています。

かわいそうって何よ???とその言葉は何を思って話したかは当時は恐ろしくて聞けませんでした。

ただ、今も昔も変わらないのは、子供との生活時間が多いのは親か先生のどちらかということで、幼稚園は、小学校に入るまでの準備期間の場に対して保育園は、生活を共有する場。という認識でしょうか?

幼稚園ママ達は、保育園卒の子供をどう思っているのか?保育園と幼稚園卒の子供は友達同士になれないのかな?と急に不安になってしまったのです。
子供が小学校に入学し、初保護者会での挨拶で出身園を話す場面があり、そこに無意識に選別をしている自分が居たことを思い出します。

しかし、入学後に子供同士でどこの幼稚園や保育園だったかという話より、「誰と誰が同じ園なんだって。だから仲良しなんだよ。」の方が圧倒的に多かったと思います。

1学期は、相当積極性のあるお子様でない限りは、同じ園の子供と一緒に居ることが多ようです。しかし、二学期頃になると出身園の異なる子供とも居るようになります。

「保育園はあそんでばっかりなんでしょ?」や「保育園の子供は親の愛情が足りない」等、
子供が幼稚園卒の子供に聞かれた事もあったようですが、親である私達が発する言葉の重要さを再認識させられ、それが出身園や地域性によるものではなく、家庭環境によるところが大きいのではないかと思わずにいられません。

、結局のところ、親が思うほどに子供同士は深く考がえていない。もしかしたら、幼稚園ママもこちらが懸念するほど何も考えていないのかもしれません。

最後に保育園出身の子供を持つ親として、1つ保育園卒で良かったこと。
それは、小さい時から給食で育っているので、食べ物の好き嫌いに偏りがなく、例えあったとしても多少の我慢で食べることが出来ること。が挙げられます。

クレヨンしんちゃんのママの様に、子供の嫌いなものをお弁当に詰める努力と優しさがあれば、別ですが・・・

携帯電話、いつからお子様に持たせますか?

新しく習い事や塾に通い始めたきっかけに、お子様に携帯電話を持たせようと考える親御さんも多いと思います。お子様から「友達が持っているから自分も欲しい・・・」とねだられた。核家族の親御さんが共働きで一人時間を多く過ごすお子様との通信手段として持たせている等、家庭環境により持たせたきっかけは様々です。
携帯電話を持たせる親御さんの一番の理由は、身を守るためと安全確認でしょう。お子様が一人で外出する際に、今どこにいるか(GPS機能)分かれば、安心材料になり、防犯ブザー付きのものを首からぶら下げ携帯すること自体が防犯対策につながりそうです。
 一方、お子様が携帯電話を欲しがる理由は、不特定多数との通信が出来るLINEやゲームアプリにあるようです。
保護者は、携帯電話を持たせる前にネット犯罪やいじめに巻き込まれるリスクや適正年齢、目的をお子様と十分に話し合い、与えることが必要です。
保護者目線で見ると、予め登録した番号への通話と通信、GPS機能と防犯ブザーのついたキッズ携帯は安心して持たせられそうです。また、携帯電話ではなく、緊急通報とお子様の足取りを地図に記す事ができるツール発売する会社もあります。これなら、携帯電話を持参禁止の学校や電車通学のお子様にも持たせられるかもしれません。
しかし、高学年ではこれらの機能では満足できず、スマートフォンをねだられるケースもあるでしょう。その場合は、いわゆる出会い系や有害サイトからアクセスを回線を利用する際に制御する、フィルタリング設定を忘れずに行ってください。これを行うと、LINEは出来なくなりますが、どうしてもLINEをしたいというお子様には、個別ニーズに合わせたカスタマイズ設定を行える通信会社もあります。

学校の緊急連絡先名簿では、携帯電話の番号を記入している方も多く見られます。固定電話があっても、携帯電話の方が確実に出ることができるという意味もあるのでしょうが、ネット環境が整い便利になる一方で色々なリスクと共存していることも確かです。
ベビー時代から、携帯ゲームやYOU TUBEを見ながら育つ現代の子供達は、徐々にネット環境に慣れてきた大人達よりも、携帯電話の存在がが親しみやすいものとして捉えているのは、当然の事とも言えるでしょう。携帯電話をお子様に欲しいを言われる前に、まず大人である私たちが、携帯電話やスマートフォンの機能を十分に勉強しておくことに越したことはなさそうです。

うちの子、学校までちゃんと行けるのかしら?集団登校について...

3月まで、送迎バスや保護者付き添いの元、登園していたのに4月になり小学校入学を迎えた途端、学校まで一人で行く事は、お子様はもちろん、保護者の方も心配ですよね?
 小学校には、①生徒各自が小学校まで登校する。②自宅近隣の子供達をグループ化し、集合時間を決め、集団登校制をとっている等のパターンがあるようです。
周りの保護者からの話を聞いていると、どちらも一長一短があり、入学時は学校の方針に基づき、どちらかに導かれる事になります。ここでは、②についてお話をしていきます。
 集団登校制をとっている学校でも登校のみの集団で下校は各自。もしくは、下校時間が異なる下級生と上級生とで区分けしている学校が多いようです。また、集団登校に当番の保護者が付き添い、学校まで共に行くものと子供達だけでの登校するというようにここでもパターンが分かれます。保護者付き添いの場合には、その登校班内での当番制になります。登校班により編成人数が異なるため、付き添いが2週間に1度の班もあれば、週1回、もしくは毎日・・・と、割り当て回数は編成人数で大きく変わってきます。小学生の子供を持つ保護者は、仕事を持っている方も多く、当番に付き添いを出せないケースがあり、これを出来る保護者で埋め合わせてるいるうちに、トラブルになるケースも多々あります。中には家にいるのに面倒くさいという理由でエスケープする保護者もいます。当番の保護者がいないと、時計や携帯を持ち合わせていない子供達は、遅れてきた子をいつまで待っていいか分からず、学校に遅れてしまいます。また、車道が隣接している細い道で、仲の良い友達と腕を組んで歩いたり、ふざけて列から飛び出したりしても、班長の目が行き届かず、(保護者同伴の場合は、班長が最前で一番後ろに保護者が付きます)思わぬ不慮の事故に巻き込まれる事態も起こりえます。他にも、班内でのイジメに気づけなかったり、登校途中に座りこむ子供がいて、先へ進めない。等・・・
では、集団登校のメリットは、何でしょうか?集合時間に遅れると周りりの人に迷惑がかかるという社会性の芽生えが生じます。これにより、遅刻する生徒がおのずと少なくなります。多学年との縦割りの関係も学べます。そして、最大のメリットは、1人での行動がなくなり、危険性が減り、安全性が増すことです。
集団登校を実施している学校の保護者は、自分の子供を集団登校させているなら、最低限のモラルと気遣いが必要になります。子供達が元気に登校できるかできないかは、保護者のちょっとした気付きで変えられるかもしれませんが、困った際には、一人で解決を急がず、学校の担任やPTA組織に相談することをお勧めします。

PTAは、避けては通れない?偏

PTAと聞いただけで、むずがゆくなる。絶望に近いものが待ち構えている。・・・等、そのイメージは人それぞれあると思います。
 そもそもPTAは、Parent-Teacher Association を略したもので、それぞれ【親=保護者】、【先生】、【団体】の意味です。生徒たちの学校生活を大人達の手によって支援するボランティア活動と考えるとイメージしやすいかもしれません。

PTAは、小学校にかかわらず、中学校、高等学校とお子様が学生生活を送る長期間のお付き合いになります。

どの学校にもPTAもしくは、これに準ずる組織は、存在しますが、この加入は義務付けているものではありません。加入、脱退は自由であることをご存知ない方も多いのではないでしょうか?

また、加入した際に【会費】も発生します。もし非会員なら、そもそも役員選定の土台に上がりません。

では、非会員の子供への影響はどうでしょう?PTAは、「その学校に在籍する全ての子供達を幸せにする団体」の理念が基づいているので、楽しい行事に参加できないとか、PTAからの寄贈品を使えないとか、卒業のプレゼントを頂戴できないということはありません。

 しかし、非会員である事実が、周知されると
「非会員の子が、あの行事に参加するのは変よね?」
「PTA会費を払ってないのに・・・」
と一部の心無い人から中傷されることもあるという覚悟は必要かもしれません。保護者の方自身が病気であったり、本当に金銭的に困っていたりと様々な事情を抱えている場合もありますから、これに関して保護者は、無闇に自分の考えを口にするのは慎んだ方がよさそうです。

 さて、PTAですが、実際のところ【案ずるより、生むが安し】の体験談も多く、その活動経験から執行部に上がる方も多くいらっしゃるようです。執行部の方を拝見していると、子供達を守ろう!楽しませよう!育てよう!といった活動ぶりは、神的で頭が下がる一方です。

最初は乗り気でなくても、楽しみながら取り組みをしている方が多く見られます。親や保護者、先生達の笑顔があり、そんな環境で育った子供達が大人になり、PTA会員としての活躍につながる・・・。

そんな連鎖が自然と起こるPTAだったら「1度、役員やってみようかな?」と考え方も少し変わるかもしれません。子供の未来を思えば、今より、もっと風通しの良いPTAになりそうです。そして何より、子供と自分の成長記録として強く心に残ることでしょう。

学習用具の準備は、新1年生保護者会を終えてから!

学校で使用する学習用具の準備は、お子様の入学校の新1年生向けの保護者会後に用意することをお勧めします。保護者会は学校により異なりますが、年明けの1月から2月に行われる事が多いようです。

この保護者会では、学校方針や入学式、学校給食、学習道具の準備、等のお話があります。ここでは、学習道具の準備に焦点を当て、お話します。
 個人が用意する学習用具は、
①ランドセル、②筆記用具(筆箱、鉛筆、赤鉛筆、消しゴム)、③はさみ、④色鉛筆、⑤防災頭巾、⑥給食袋、⑦体育着とその入れ物、⑧上履き・・・等。私学であれば以上あげた用具の他に制服も含め、かなり大掛かりな準備だあり、必要な金額も相応です。

この中には、学校指定のものや、指定ではないが学校で専門販売するものも多く含まれる為、これらの購入は、保護者会後に行った方が無難と言えます。この時期に購入が難しいと思われる方は、学校やその学校にご兄弟を持つ知人の方に相談してみましょう。

 知り合いのお子様が通う公立の小学校では、筆記用具のキャラクターものは、使用不可。消しゴムは、白でにおいのないもの。筆箱は、缶ペンケースやファスナー付き、2面開閉タイプは不可かつ、柄は無地か地模様のもの(色は自由)。と保護者会で指示があったそうです。

その知り合いは秋頃から準備を始めていたので、準備していた物がお家使いとなっていまう事実を知り、落胆したそうです。

かつて、流行のキャラクターものの筆箱や鉛筆を持ってきている子供は、羨望の眼差しで見られましたよね?入学時は、新しいものを買ってもらえるチャンスであり、そのチャンスを剥奪される子供達は少々、気の毒にも感じます。

しかし、この指示には理由がありました。キャラクターものや、次々に進化する文具を持つ事は、【トラブル】や【イジメ】につながると言うのです。

ここまで聞くと、「もう、買ってしまったし、もったいないから」と一概に言ってられません。自分の子供がそのような悲劇に遭遇することを考えたら、用意済みの方も学校側が準じるものに買い換える方が安心かもしれません。

 さて、入学後の初めての授業参観日。何気なく子供達の使う筆箱に目をやると・・・ごく少人数ですが、キャラクターものを使用しているお子様は存在したとのこと。

保護者会後にこの筆箱を用意したかどうかは、分かりませんが、もったいなさとお子様の今後を考えると必然的に購入時期が見えてきます。

お子様の学習机、用意しますか?

スペースに余裕があれば、お子様の学習机を用意してあげたいですよね。「そんなスペース、今はない・・・」、「買ったところで、物置になりそう・・・」というお話も耳にしますよね?

 小学生になると、仲の良いお友達とのお家の行き来が少しずつ始まり、お家訪問後に「私も机が欲しい!」とどうして、自分だけ無いの?

と言わんばかりに子供にせがまれ、返答に困ってしまう親は数知れず…
実際、机の占有スペースは、椅子の動きも含めると かなりのものになります。その【かなりのもの】を自分の家に取り込むかどうか、ご家庭の考えは様々です。

しかし、これが悩ましいのです。なぜなら、今 購入を控えても、いつかは、買わなければならないと考えているからです。

入学して、担任の先生が話された事で印象に残っている言葉があります。
「学習机は、用意は必須ではありませんが、必ず 自分専用スペースを作ってあげて下さい。」とその先生がおっしゃりました。

そうなのです。入学して間もなくは、教科書とノート程度しか、思い当たらないのですが、2学期になるとテストやプリントを毎日のように持ち帰ってきます。そして、長期休みの前には、お道具箱、絵の具セット、鍵盤ハーモニカ等の大物も持ち帰ります。
長期休暇に入ると、一気に家の狭小さを思い知らされます。歳の近い兄弟のいるご家庭では、新学期に、誤って兄弟の持ち物を持ってきてしまったり… なおさらのこと、専用スペースの必要性を感じます。

例え、学習机を持っていないお子様も、この専用スペースを初めて与えてもらう事で、ここを特別な場所と認識し、1年生の自覚を持ってくれるはずです。

 今は子供部屋を用意してあげられないけど、学習机は買ってあげたいと、リビングに机を置いているお友達も居ます。これなら、家事をしながら、必要な時に勉強をフォローしやすそうです。

その際の選別ポイントは、シンプルなものや、シリーズ化されて成長に合わせて買い足して使える物を選ぶことです。「今は買わないけどいつか買おうね」と、
近くを通ったら無印良品、イケヤ、ニトリ、大塚家具、イルムスなど、ご家庭のニーズに合わせてお子様と一緒に机探しの旅に出るの楽しいひと時となるでしょう。

少し、話は脱線しますが、多くの東大生が子供時代にリビングテーブルで勉強をしていたとTVで見たことがあり、とても勇気付けられた覚えがあります。

本質的な違いも当然あるのでしょうが、決してリビングテーブルでの勉強も悪くないのでは?と思うのは私だけしょうか?

ランドセル選び。ランドセルがお安くお得に買えるとしたら

今と昔のランドセルの違いは、何といっても その色、素材、デザインのバリエーションです。家電は新しいものに勝るものは無い!とよく言われます。果たしてランドセルにおいても同じことは言えるのでしょうか?

ランドセルの購入時期は、入学前の12月から1月までで、8割を超えると言われています。つまり、このピークを超えた2月からセール価格で買うことが出来るという訳です。

もともとの上代が高額なので、購入時期を少しずらすだけで、○万という差額が発生します。しかし、ここで、忘れてはならないことが、セール時に欲しい商品が完売してしまっている場合があると言う事実。

人気のある商品は、夏の時点で既に予約受付を終了し、購入不可能と分かった途端にその商品がどうしても欲しい!という経験をされたお母様もいらっしゃるのではないでしょうか?

確実に欲しいと思える商品がある場合は、早期購入が鍵となります。ただ、この場合も早期購入でいわゆる早得をを打ち出しているブランドもあります。

また、ある百貨店では、サイズアウトした子供靴を寄付すると、1足につき500円の商品券に交換でき、商品代金5000円を超える毎に何枚でも使用できる事例もあります。

私も「履けなくなったシューズ、捨てなきゃ良かったわ…」と後悔しました。

ブランドランドセルをお得に買う方法も、ありますよ。ある人気子供服有名ブランドの自社ビルで開催される、スペシャルセールでは、1年前のモデルが12月の時点で2万円以上の割引額で販売されていました。

秋頃までに定価で購入しても、実際に手元に届くのは、年明けということが多いので、好きなブランドのものならOK!という方は必見です。私のお友達のママは、「既に予約している新製品がまだ届いていないという」理由で、お店の方と交渉し、元々の予約を解消し、セール品を購入しました。

そして、そのランドセルは とても可愛いのです。現行商品と比べても見劣りもなく、お子様も喜んでそのランドセルを背負ってます。

同ブランドだったから成せた技ですね。交渉に成功した、ママも頑張りましたよね? 
その年の売れ行きにも依るところでしょうから、毎年、そのセールにランドセルが出品されるかは、一概には言えませんが、魅力的な話だと思いませんか?

他にも、ランドセルを安く購入する方法は、まだまだありそうです。
「安かろう 悪かろう」の時代は、もう終わり、これからは、「欲しいものをお得に買おう!」という時代になりました。

欲しい商品を探すこと事に併行しして、そんな目線を加えた情報収集をしていただくとランドセル探しがもっと楽しくなるかもしれませんね。

ランドセル 色で悩んだら?

今、この文を読んでいらっしゃるのは、もうすぐ小学生になるお子様をもつ親御さんでしょうか?それとも、祖父母の方?それとも…?

 誰もが、小学校入学で最初にイメージするのがランドセルではないでしょうか?CMで、「ピッカピカの…」歌をイメージ方もいらっしゃると思いますが、あのピカピカは、ランドセルにかかるのかも!?とも思えてきます。それでは、ランドセル購入時期と品選びの決め手は、なんでしょうか?

夏休みになるとランドセルのCMをよく目にします。これは、夏休み、孫の田舎帰省中の祖父母の購買を狙ったものと言われています。そのためか、この時期に百貨店や大型スーパーで新製品がラインナップされることも多い様です。祖父母にあたられる方は、今のランドセルが色とデザインのバリエーションの豊かさにとても驚かされると思います。

親世代の方も、男の子は、黒色。女の子は、赤色。という既成事実は何であったのだろうという思いと羨ましさでいっぱいになります。
 ここで、一番多い悩みの種は、大人と実際に使われるお子様の色の好みではないでしょうか?

購入時の年齢が7歳のお子様は、6年間使用するに当たってのイメージが付かないのは仕方なく、今のお気に入りの色を。一方で大人は、無難な色を好みます。

お子様の好みを最大限に聞いてあげたいけど、この色はどうしても妥協できない。という話もよく耳にします。なかには、とにかく安い好みの色のランドセルを購入し、その色が飽きたら買い換えると話す、親御さんの話しも聞いたこともありますが、実際に買い換えたかは不明です。
ですが、それも考えの1つとしてありかな? とも思います。

また、妥協といより、視点の変換になりますが、ランドセルカバーの存在をご存知でしょうか?もともと、雨や汚れ除け目的にランドセルの蓋部分にかぶせて使用するものですが、実は、このカバーもバリエーションが豊かなのです。

キャラクターや、女の子の大人気のアパレルブランドのもの、ブランド専用のものまで出ています。お色も透明性が高く、ランドセル本来のお色を邪魔しないものから、有名テキスタイルの花柄や色つき(ランドセル本来の色が見えない)のものまで出ています。お値段も2千円位から出ています。

 お子様が成長し、大人が選んだお色のランドセルに文句を言われることを考えるなら、最初は当人に選ばせてあげてもいいかな?とこの記事を読んで思い直して頂けると嬉しいです。

1年生の入学準備《手作りグッズ》

実際にどのようなアイテムが必要で準備しなければならないか?ネットや情報誌でもたくさんの掲載があります。情報の仕入れはもちろん必要ですが、実際用意をするタイミングは、就学前に行われる説明会や保護者会に参加した後をお勧めします。

なぜなら、規定のサイズがあったり、想定外に必要なものもあるからです。ここでは、手作り可能なものに特科しお話します。

防災頭巾カバーは、中身の防災頭巾の大きさのみ考慮して作っても、椅子の背もたれに掛けて使用する事もある。また、テーブルクロスは、机のサイズより大幅に大きさが異なる。等、せっかく時間をかけて手作りしても使えないものとなってしまう可能性があるからです。

お子様の大好きな生地で統一してあげたかったのに、再度その生地を買いに行ったら売り切れで…こんな悲劇は、親子共に味わいたくないですよね?

では、実際にどのようなものが必要でしょうか?学校により異なりますが、防災頭巾カバー、給食セット(テーブルクロスやコップ袋)、体育着入れ。制服の無い公立小学校では、移動ポケット(ポケットが無い洋服着用時にハンカチやティッシュを入れて使用)等が考えられます。

「市販品の方が、失敗なく、長持ちしそう。」
「手作りしてあげたいけど、ミシンはちょっと苦手…」
「市販品は手作りと比べてやはりお値段が高くなる」

等々、様々な意見や考えがあると思います。
親にとっては、とても悩ましい現実です。しかし、小学校生活は6年間あるのです。お子様がどんなに丁寧に使用しても洗濯や使用による磨耗消耗は避けられません。全てのアイテムに当てはまりませんが、在学中に買い直しや作り直しが発生します。

手作りしたいけど、自信がない方は、無理に手作りせず、市販品を購入し、入学後に他のお子様がどちらを使用しているのか見て、作った方に、作り方や素材の相談をきっかけにお友達になれるかもしれません。

また、手作りもキャラクターやブランド生地は、値段も高く市販品の方が安くついてしまうことも。他にも、金銭的に余裕があるのなら、百貨店やオークションサイトで規定サイズを好みの生地でオーダーする方法もあります。使用している親御さんは、意外にも結構多いのも現実です。便利な世の中になりました。

以上、手作り品と市販品について述べましたが、参考になりましたでしょうか?親御さんが手作りしたくても高学年になると、それを持つ事が恥ずかしくなって、市販品に乗り換える。…悩んだ事も懐かしい思える日がいずれ訪れますよ。