PTAは、避けては通れない?偏

PTAと聞いただけで、むずがゆくなる。絶望に近いものが待ち構えている。・・・等、そのイメージは人それぞれあると思います。
 そもそもPTAは、Parent-Teacher Association を略したもので、それぞれ【親=保護者】、【先生】、【団体】の意味です。生徒たちの学校生活を大人達の手によって支援するボランティア活動と考えるとイメージしやすいかもしれません。

PTAは、小学校にかかわらず、中学校、高等学校とお子様が学生生活を送る長期間のお付き合いになります。

どの学校にもPTAもしくは、これに準ずる組織は、存在しますが、この加入は義務付けているものではありません。加入、脱退は自由であることをご存知ない方も多いのではないでしょうか?

また、加入した際に【会費】も発生します。もし非会員なら、そもそも役員選定の土台に上がりません。

では、非会員の子供への影響はどうでしょう?PTAは、「その学校に在籍する全ての子供達を幸せにする団体」の理念が基づいているので、楽しい行事に参加できないとか、PTAからの寄贈品を使えないとか、卒業のプレゼントを頂戴できないということはありません。

 しかし、非会員である事実が、周知されると
「非会員の子が、あの行事に参加するのは変よね?」
「PTA会費を払ってないのに・・・」
と一部の心無い人から中傷されることもあるという覚悟は必要かもしれません。保護者の方自身が病気であったり、本当に金銭的に困っていたりと様々な事情を抱えている場合もありますから、これに関して保護者は、無闇に自分の考えを口にするのは慎んだ方がよさそうです。

 さて、PTAですが、実際のところ【案ずるより、生むが安し】の体験談も多く、その活動経験から執行部に上がる方も多くいらっしゃるようです。執行部の方を拝見していると、子供達を守ろう!楽しませよう!育てよう!といった活動ぶりは、神的で頭が下がる一方です。

最初は乗り気でなくても、楽しみながら取り組みをしている方が多く見られます。親や保護者、先生達の笑顔があり、そんな環境で育った子供達が大人になり、PTA会員としての活躍につながる・・・。

そんな連鎖が自然と起こるPTAだったら「1度、役員やってみようかな?」と考え方も少し変わるかもしれません。子供の未来を思えば、今より、もっと風通しの良いPTAになりそうです。そして何より、子供と自分の成長記録として強く心に残ることでしょう。