「小学校について」カテゴリーアーカイブ

働いていないママがいる

いざ、運良く学童保育の確保が出来て、お子様の小学校生活がスタートしました。核家族ではない共働き家庭でも、祖父母の高齢化により利用をする子供達は私達の子供時代より増えています。

また、2015年より、今まで小学三年生までの利用を制限されていた学童保育の受け入れ幅が、小学六年生まで拡大されました。

学童保育に通う子供達は、自分と同じ学童ではなく、自分の家に帰宅するお友達をを見て、初めて働いていない親の存在を知ることもあります。

上にご姉妹がいれば、自然に認識しているようです。これは、保育園のお迎えの時間にバラつきがあっても両親が働く姿をずっと見てきたので当然でしょう。

この頃に、学童保育に通う子供達は悶々とした疑問を抱くようになるのではないでしょうか?
「○○ちゃんのママは、働いてないんだってえ・・・」
「○○くんのママ、何で働かなくていいの?」
と子供に聞かれたら、あなたは、とっさに回答できますか?なんという答えをすれば良いか、言葉が出てこないかもしれません。

そもそも、ここで子供達が抱く疑問を想定さえしてなかったのではないでしょうか?私もその一人でした。復職した際に、既に小学生の子供を持つ職場の先輩にその話を聞き、愕然としたことを覚えています。

また、少し別のケースですが、おそらく共働きの子供が入院をした際にママやパパが日中付き添いをしている親を見て何も聞いていないのに、
「私は、寂しいって言わないの。そう言うとママが悲しむから・・・」
と話しだす子供がいて、言葉が詰まったという話も聴いた事があります。

親達は、子供をずっと見てきたつもりでいましたが、それ以上に子供達は、私達を見てきたと感じざるを得ません。

また、そういう環境が自分の本当の気持ちを親に打ち明けられず、自分の中だけにこもらせてしまうかもしれません。

なかには、学校で勉強をしている時間と同等の時間を学童で過ごす子供達も多いと思います。子供達が学童保育に入り、最初に受ける衝撃波にどう対応するか、今後の子供達の生活に大きく影響をしていきそうです。

また、学童保育で万が一、トラブルがあった場合にどう乗り越えていくか、今後の様々な方向性と対策を踏まえることも頭の片隅に置いておくことも必要かもしれません。

子供達がようやく、学童保育に慣れた頃にやってくる夏休み前にゆっくりと話せる時間があるといいですね。
あなたは、お子さんに
「ママは、どうして働いているの?」と聞かれたら、なんと答えますか?

小1の壁とは・・・学童保育選び、その前に

小学一年生の1学期の下校時間は、給食が始まったあとでも、1時半頃です。小学校は、学習がメインとなりますが、帰り時間は幼稚園正並みです。
働くママにとって、この下校時間の早さは、どうしたものか・・・。学童保育って共稼ぎ家庭の子供なら誰でも入れるのよね・・・。その考え、ちょっと待った!です。

共稼ぎの家庭の子供を、自分が帰宅する前までの子供の預け先として、「学童保育」があります。

学校敷地内に併設されていたり、学校から少し離れたところにあったり。ただ、公営の学童は、保育時間が保育園より短くなることがほとんどのようです。

また、保育園入園時ほど熾烈な競争率に至りませんが、地域や学年により入所が難しいとも聞いています。その場合、残念ながら、近くの学童に入れなかった場合は、自治体に相談をしてみることも視野にいれてください。

私の知人は、登校先併設の学童に入れなかった為、自治体と交渉して少し離れた場所にある学童までの往復の交通費(タクシー代)を出してもらえた。と聞きました。電車はバスに一人で乗せるのは、心配だが、タクシーなら確かに安心だし、その申し出には当面上は、問題ありませんよね。

そこには、自治体との間で「定員を上回ったから入れません。」
「そうですか・・・。」という単調な会話でけでは終わらずに掘り下げた会話力と努力と根気が必要だったと思います。

私だったら、絶対その場で退くパターンだ・・・とその話を一通り聞き、知人の行動力に感動すると同時に羨望の眼差しをおくっていました。ところが、当の本人は、「学童の需要量を認識していながら何年も見合わせている自治体にも問題がある。」
と話していました。言われてみれば、確かにそのとおりで、現場の声が今後の矛先を変えていく一番の方法と言っても過言ではありません。

全ての方にこういう方法が出来て、全ての自治体に柔軟な動きを見せてもらえる期待は少ないです。

ただ1つ言える事は、知人は、早い時期から入所させたい学童保育先の情報を調べ、その地域の学童保育の需要量と包容量の実態に違和感を持っていたことです。言い換えてみれば、この結果は、忙しい時間の中で学童保育に必要な知識と情報の収集を行った賜物です。

 通わせたい学童保育を利用している子供を持つ、保育園ママからの情報や保育園の先生、そして自治体に対しての情報を集めることを早く行うことで、見えてくるもの、気付きが変わってくることでしょう。

もしかしたら、働くママが入学準備で一番必要不可欠な事が、【学童保育選び】かもしれません。

PTAは、避けては通れない?偏

PTAと聞いただけで、むずがゆくなる。絶望に近いものが待ち構えている。・・・等、そのイメージは人それぞれあると思います。
 そもそもPTAは、Parent-Teacher Association を略したもので、それぞれ【親=保護者】、【先生】、【団体】の意味です。生徒たちの学校生活を大人達の手によって支援するボランティア活動と考えるとイメージしやすいかもしれません。

PTAは、小学校にかかわらず、中学校、高等学校とお子様が学生生活を送る長期間のお付き合いになります。

どの学校にもPTAもしくは、これに準ずる組織は、存在しますが、この加入は義務付けているものではありません。加入、脱退は自由であることをご存知ない方も多いのではないでしょうか?

また、加入した際に【会費】も発生します。もし非会員なら、そもそも役員選定の土台に上がりません。

では、非会員の子供への影響はどうでしょう?PTAは、「その学校に在籍する全ての子供達を幸せにする団体」の理念が基づいているので、楽しい行事に参加できないとか、PTAからの寄贈品を使えないとか、卒業のプレゼントを頂戴できないということはありません。

 しかし、非会員である事実が、周知されると
「非会員の子が、あの行事に参加するのは変よね?」
「PTA会費を払ってないのに・・・」
と一部の心無い人から中傷されることもあるという覚悟は必要かもしれません。保護者の方自身が病気であったり、本当に金銭的に困っていたりと様々な事情を抱えている場合もありますから、これに関して保護者は、無闇に自分の考えを口にするのは慎んだ方がよさそうです。

 さて、PTAですが、実際のところ【案ずるより、生むが安し】の体験談も多く、その活動経験から執行部に上がる方も多くいらっしゃるようです。執行部の方を拝見していると、子供達を守ろう!楽しませよう!育てよう!といった活動ぶりは、神的で頭が下がる一方です。

最初は乗り気でなくても、楽しみながら取り組みをしている方が多く見られます。親や保護者、先生達の笑顔があり、そんな環境で育った子供達が大人になり、PTA会員としての活躍につながる・・・。

そんな連鎖が自然と起こるPTAだったら「1度、役員やってみようかな?」と考え方も少し変わるかもしれません。子供の未来を思えば、今より、もっと風通しの良いPTAになりそうです。そして何より、子供と自分の成長記録として強く心に残ることでしょう。