「持ち物」カテゴリーアーカイブ

携帯電話、いつからお子様に持たせますか?

新しく習い事や塾に通い始めたきっかけに、お子様に携帯電話を持たせようと考える親御さんも多いと思います。お子様から「友達が持っているから自分も欲しい・・・」とねだられた。核家族の親御さんが共働きで一人時間を多く過ごすお子様との通信手段として持たせている等、家庭環境により持たせたきっかけは様々です。
携帯電話を持たせる親御さんの一番の理由は、身を守るためと安全確認でしょう。お子様が一人で外出する際に、今どこにいるか(GPS機能)分かれば、安心材料になり、防犯ブザー付きのものを首からぶら下げ携帯すること自体が防犯対策につながりそうです。
 一方、お子様が携帯電話を欲しがる理由は、不特定多数との通信が出来るLINEやゲームアプリにあるようです。
保護者は、携帯電話を持たせる前にネット犯罪やいじめに巻き込まれるリスクや適正年齢、目的をお子様と十分に話し合い、与えることが必要です。
保護者目線で見ると、予め登録した番号への通話と通信、GPS機能と防犯ブザーのついたキッズ携帯は安心して持たせられそうです。また、携帯電話ではなく、緊急通報とお子様の足取りを地図に記す事ができるツール発売する会社もあります。これなら、携帯電話を持参禁止の学校や電車通学のお子様にも持たせられるかもしれません。
しかし、高学年ではこれらの機能では満足できず、スマートフォンをねだられるケースもあるでしょう。その場合は、いわゆる出会い系や有害サイトからアクセスを回線を利用する際に制御する、フィルタリング設定を忘れずに行ってください。これを行うと、LINEは出来なくなりますが、どうしてもLINEをしたいというお子様には、個別ニーズに合わせたカスタマイズ設定を行える通信会社もあります。

学校の緊急連絡先名簿では、携帯電話の番号を記入している方も多く見られます。固定電話があっても、携帯電話の方が確実に出ることができるという意味もあるのでしょうが、ネット環境が整い便利になる一方で色々なリスクと共存していることも確かです。
ベビー時代から、携帯ゲームやYOU TUBEを見ながら育つ現代の子供達は、徐々にネット環境に慣れてきた大人達よりも、携帯電話の存在がが親しみやすいものとして捉えているのは、当然の事とも言えるでしょう。携帯電話をお子様に欲しいを言われる前に、まず大人である私たちが、携帯電話やスマートフォンの機能を十分に勉強しておくことに越したことはなさそうです。

ランドセル選び。ランドセルがお安くお得に買えるとしたら

今と昔のランドセルの違いは、何といっても その色、素材、デザインのバリエーションです。家電は新しいものに勝るものは無い!とよく言われます。果たしてランドセルにおいても同じことは言えるのでしょうか?

ランドセルの購入時期は、入学前の12月から1月までで、8割を超えると言われています。つまり、このピークを超えた2月からセール価格で買うことが出来るという訳です。

もともとの上代が高額なので、購入時期を少しずらすだけで、○万という差額が発生します。しかし、ここで、忘れてはならないことが、セール時に欲しい商品が完売してしまっている場合があると言う事実。

人気のある商品は、夏の時点で既に予約受付を終了し、購入不可能と分かった途端にその商品がどうしても欲しい!という経験をされたお母様もいらっしゃるのではないでしょうか?

確実に欲しいと思える商品がある場合は、早期購入が鍵となります。ただ、この場合も早期購入でいわゆる早得をを打ち出しているブランドもあります。

また、ある百貨店では、サイズアウトした子供靴を寄付すると、1足につき500円の商品券に交換でき、商品代金5000円を超える毎に何枚でも使用できる事例もあります。

私も「履けなくなったシューズ、捨てなきゃ良かったわ…」と後悔しました。

ブランドランドセルをお得に買う方法も、ありますよ。ある人気子供服有名ブランドの自社ビルで開催される、スペシャルセールでは、1年前のモデルが12月の時点で2万円以上の割引額で販売されていました。

秋頃までに定価で購入しても、実際に手元に届くのは、年明けということが多いので、好きなブランドのものならOK!という方は必見です。私のお友達のママは、「既に予約している新製品がまだ届いていないという」理由で、お店の方と交渉し、元々の予約を解消し、セール品を購入しました。

そして、そのランドセルは とても可愛いのです。現行商品と比べても見劣りもなく、お子様も喜んでそのランドセルを背負ってます。

同ブランドだったから成せた技ですね。交渉に成功した、ママも頑張りましたよね? 
その年の売れ行きにも依るところでしょうから、毎年、そのセールにランドセルが出品されるかは、一概には言えませんが、魅力的な話だと思いませんか?

他にも、ランドセルを安く購入する方法は、まだまだありそうです。
「安かろう 悪かろう」の時代は、もう終わり、これからは、「欲しいものをお得に買おう!」という時代になりました。

欲しい商品を探すこと事に併行しして、そんな目線を加えた情報収集をしていただくとランドセル探しがもっと楽しくなるかもしれませんね。

ランドセル 色で悩んだら?

今、この文を読んでいらっしゃるのは、もうすぐ小学生になるお子様をもつ親御さんでしょうか?それとも、祖父母の方?それとも…?

 誰もが、小学校入学で最初にイメージするのがランドセルではないでしょうか?CMで、「ピッカピカの…」歌をイメージ方もいらっしゃると思いますが、あのピカピカは、ランドセルにかかるのかも!?とも思えてきます。それでは、ランドセル購入時期と品選びの決め手は、なんでしょうか?

夏休みになるとランドセルのCMをよく目にします。これは、夏休み、孫の田舎帰省中の祖父母の購買を狙ったものと言われています。そのためか、この時期に百貨店や大型スーパーで新製品がラインナップされることも多い様です。祖父母にあたられる方は、今のランドセルが色とデザインのバリエーションの豊かさにとても驚かされると思います。

親世代の方も、男の子は、黒色。女の子は、赤色。という既成事実は何であったのだろうという思いと羨ましさでいっぱいになります。
 ここで、一番多い悩みの種は、大人と実際に使われるお子様の色の好みではないでしょうか?

購入時の年齢が7歳のお子様は、6年間使用するに当たってのイメージが付かないのは仕方なく、今のお気に入りの色を。一方で大人は、無難な色を好みます。

お子様の好みを最大限に聞いてあげたいけど、この色はどうしても妥協できない。という話もよく耳にします。なかには、とにかく安い好みの色のランドセルを購入し、その色が飽きたら買い換えると話す、親御さんの話しも聞いたこともありますが、実際に買い換えたかは不明です。
ですが、それも考えの1つとしてありかな? とも思います。

また、妥協といより、視点の変換になりますが、ランドセルカバーの存在をご存知でしょうか?もともと、雨や汚れ除け目的にランドセルの蓋部分にかぶせて使用するものですが、実は、このカバーもバリエーションが豊かなのです。

キャラクターや、女の子の大人気のアパレルブランドのもの、ブランド専用のものまで出ています。お色も透明性が高く、ランドセル本来のお色を邪魔しないものから、有名テキスタイルの花柄や色つき(ランドセル本来の色が見えない)のものまで出ています。お値段も2千円位から出ています。

 お子様が成長し、大人が選んだお色のランドセルに文句を言われることを考えるなら、最初は当人に選ばせてあげてもいいかな?とこの記事を読んで思い直して頂けると嬉しいです。

新1年生の筆箱選びも大切な入学準備!失敗しない筆箱とは?

まず初めに1年生の筆箱の中には何を入れたらいいのでしょうか。学校からの案内では筆箱の中身の細かい指定はあまりないため、何をどれだけ入れたらいいのか迷ってしまう…なんてこともありがちです。

筆箱の中身は鉛筆が3~5本、赤鉛筆が1本、消しゴムが1個、鉛筆削りが1個、定規が1本程度で十分でしょう。小学生は低学年ごろまでのりやはさみは道具箱にしまって学校に置きっぱなしになっている場合が多いので本当に必要最低限で大丈夫です。

これだけ少ない中身を入れられない筆箱はおそらくないでしょう。そのためどの筆箱を選んでも事足りるのですが、色々なタイプの筆箱がありますのでご紹介します。

昔流行っていた鉛筆削り内蔵型の筆箱は今でも販売されています。昔でいう多機能筆箱を大人しい目にしたようなもので、四角タイプものです。鉛筆削りが内蔵されているほか、鉛筆収納用のホルダーや二段重ねになっている点が魅力です。また非常に容量が多くたくさんのものを収納できることも魅力の1つでしょう。しかしながら子どもは容量分だけ余分なものを入れたがり、無くしてしまう原因にもなりかねませんので購入するには見極めが必要かと思います。

補足ですが、何でもかんでも色々な機能の詰まった多機能タイプは現在ではほとんど販売されていないようです。

缶ペンケースは例年一定数の重要があるようです。金属であるため、1年生の子どもが乱暴に扱ったとしても壊れにくいところに定評があるようで、二段重ねになっているものや子ども向けキャラクターとコラボレーションしているものもあります。必要分の鉛筆などを入れるには十分すぎる容量はありますのでこちらもおすすめです。

しかしながら筆箱自体を落としてしまった時に金属性のため大きな音がする点や、収納している鉛筆などが破損する可能性が高い点はデメリットとなります。

袋・ポーチ型の筆箱は今でも絶大な人気を誇ります。この形状のものは大小様々な大きさがあり、それぞれ色んなキャラクターとコラボレーションしていたり可愛らしいデザインであったりと女の子に人気が高そうです。容量が多いものが主流のためたくさんの鉛筆を入れても困らないでしょう。しかしこの形状は収納部分が分割していない場合が多いので複数種類の文房具を入れるとかさばってしまう恐れがあります。

今回は3種類の筆箱をご紹介しましたがいかがでしたか?子どもも初めての筆箱がきっと嬉しいはずです。入学準備をする時期に一緒に好みのものを探してみるときっと楽しいですよ。

1年生におすすめは?入学準備に欠かせない鉛筆の選び方

まず日本で販売されている鉛筆は、ブランドにもよりますがそれぞれ濃い順に6B・5B・4B・3B ・2B・B・HB・F・H・2H・3H・4H・5H・6H・7H・8H・9Hと全部で17種類もの濃さがあります。また鉛筆の芯は濃い=柔らかいという関係にあります。ではこの17種類から小学1年生に最適なものはどれになるでしょうか。

一般的に大人であれば2B~Fの濃さの鉛筆を使うことが多いのではないでしょうか。しかし子どもの場合、大人よりも力が弱い=筆圧が弱いため濃い鉛筆を使う必要があります。そのため小学1年生程度の子どもであれば3B~B程度の鉛筆がおすすめでしょう。弱い力でも書きやすく濃く書くことが可能です。また薄く硬い鉛筆ですとまだ成熟しきっていない子どもの手首に負担がかかり過ぎてしまうので柔らかいものを用意した方が良いでしょう。

さて、入学準備時に用意するべき鉛筆の柔らかさは分かったことかと思います。しかし色んなブランドによって使い心地は様々ですので、特徴を理解してからそれぞれに合ったものを買うことをおすすめします。

それではおすすめの鉛筆を3つご紹介します。

まず1つ目のブランドは日本ではおなじみの三菱鉛筆「ハイユニ」です。ハイユニは三菱鉛筆のハイエンドモデルで10H~10Bまでなんと22種類もの濃さを選ぶことができる世界で唯一の鉛筆です。ハイユニのおすすめすべき点は何と言ってもその絶妙な書き心地で、小学生にしてハイユニのファンになる子どももいるとか。実際に試し書きをしてみると非常に滑らかでストレスなくすらすら書くことができ、柔らかい印象が残るでしょう。

2つめのブランドはトンボ鉛筆の「MONO100」です。こちらも三菱鉛筆同様、日本ではポピュラーな商品です。MONO100はトンボ鉛筆のハイエンドモデルで三菱鉛筆のハイユニと比較されることが多い鉛筆で、ハイユニと比べると書き心地は比較的硬く少し角が立つような感じがします。しかしながら紙にはしっかりと吸いつきはっきりとした線が書けると定評があります。

3つ目のブランドはSTAEDLERの「マルスルモグラフ 製図用高級鉛筆」というドイツ生まれの外国製鉛筆です。世界的にも有名なブランドで芯が硬く、名前が表しているように製図に適したものとなっています。しかしながらこの鉛筆はつるつるとした書き心地で文字を書くのにも非常に適していると言えるでしょう。つるつる滑るように書くことができるので子どもが文字を書く際に楽しさも生まれるのではないでしょうか。

以上おすすめの鉛筆でしたがお気に入りのものは見つかりましたか?この他にも多くの商品がありますので子どもに合わせたものを選んで、楽しく入学準備をして下さいね。

入学準備は大丈夫?新1年生のために上履き入れをプレゼント!

小学校で必要他なる意外なもののひとつである上履き入れは市販のものと手作りのものがありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

市販のもののメリットは作る手間が省け、プロが作る様々な商品の中からお気に入りの1点を見つけることができることです。更に有名なキャラクターとコラボレーションしているものもあり、子どもの人気をバッチリとらえている商品が多いところが魅力です。

逆にデメリットはお金がかかることです。商品として売っているため当たり前ですが材料費にある程度の利益を乗せて販売していますから、その分価格が高くなってしまいます。そのため市販品は品質と価格が比較的高いと言えるでしょう。

手作りのもののメリットは比較的安価に抑えられることで、基本的には材料費だけしかコストがかかりません。また、現在ではキャラクターものの生地も多く販売していますので子どもの好みに合わせた上履き入れを作ることも可能です。

愛情をたっぷり込めて作ることで子どもにも喜んでもらえるのではないでしょうか。

しかしデメリットもあります。価格を比較的抑えられるのですが、失敗して作り直しを繰り返すことで余分なコストがかかってしまう恐れがあることです。あまり手芸に慣れていない場合失敗する可能性は高くなるでしょう。

また入学準備をしている時期は健診や説明会などの重要な行事が重なり、更に他の入学準備に関わる用品をそろえなければならないため上履き入れを作る時間をそれほど取ることができないこともあります。特に入学準備の忙しい時期ですと後回しにしてしまい、なかなか手を付けられないこともあるでしょう。

市販品・手作りのメリットとデメリットはお分かりになりましたか?少しお金がかかってしまうけど買えない値段でもないし、市販品の方がササっと準備できて良いのではないか?と思った方も多いと思います。しかしおすすめは手作りのものです。

手作りの上履き入れは手間もかかりますし入学準備で忙しい時期には億劫になってしまうかもしれません。しかし自分の愛する子どもの為に作った上履き入れはきっと喜んでもらえると思いますし、将来子どもが大きくなった際に良い思い出となるでしょう。また自分にも非常に豊かな経験になり、より子どもへの愛情が高まるでしょう。

非常に多くの手間はかかってしまうかもしれませんが子どもの為に使う時間は他とは比べられない幸福な時間でしょう。愛する子どものためにもぜひ作ってあげて下さいね。

入学準備をしよう!1年生におすすめの色鉛筆は?

色鉛筆を選ぶ際にまずチェックしておくポイントは

ケースの丈夫なもの、
強く力を入れなくても滑らかに書けるもの、
比較的折れにくいもの

の3点です。これらは特に子どもが使う色鉛筆には重要な要素で、少し雑に扱いがちなケースは丈夫な方がいいですし、子どもの発達しきっていない手首への負担やストレスは軽減させるべきです。

また子どもは力を入れがちのため芯は折れにくいものを選ぶべきでしょう。これらの要素を高いレベルで達成しているおすすめの色鉛筆を3つご紹介します。

1つ目はサクラクレパスの「小学生色えんぴつ」です。誰もが知っているブランドが小学生のために製造している色鉛筆で、使用感は固すぎずそれでいて柔らかすぎずちょうど良い書き心地となっています。

またケースがソフトタイプのため落としても中がバラけることなく大きな音がすることもありません。小学生が使用するのに上記の3つのポイントをバランス良く抑えているため、ちょうど良く適しているといえるでしょう。

2つ目はトンボ鉛筆の「ippo!スライド缶入色鉛筆」です。
この色鉛筆は子どもに使いやすいように非常に配慮されています。子どもの力でも開閉しやすいようにスライド式の蓋を採用し、更に片付けがしやすくなるようにお片付け目印がついているため迷わず片付けができるようになっています。

使用感は芯がしっかりとしているため、すぐに折れることはなくややシャープ目な書き心地がします。すらすらと文字を書くように楽しむ子どもに適していると言えるでしょう。

3つ目は三菱鉛筆の「ユニパレット色えんぴつ」です。シンプルイズベストと言わんばかりの色鉛筆で、スマートなケースの中にシンプルな色鉛筆が並んでおり、非常にスタイリッシュでおしゃれな印象を与えるでしょう。

子ども用とはいえプロ顔負けの本格的な色鉛筆ですので子どもの能力を伸ばしてあげたい、自由な発想で良い感覚を身につけたいというような子どもには非常に適していると言えます。

1年生におすすめの色鉛筆を3つご紹介しましたがいかがでしたか?色鉛筆なんてそれほどの違いはないのではないか、100均ショップのものと比べて大差ないのではないかと思っている方も多いと思います。

しかし芯の柔らかさや書く際の滑らかさなど、子どもが使用する際のストレスや手首への負担に大きく関わってきます。子どもの為にもこだわりを持って選んであげると、もしくは一緒に選ぶと初めての学校生活がより豊かになるかもしれませんね。