「環境」カテゴリーアーカイブ

子供の貧困

豊かに見える日本でも、子供の貧困が、昨今の深刻な問題となっています。
【親の世帯収入が多い→学校外教育を多く経験→収入の良い職業に就ける】実態調査が挙がっている。
そして、悲しいことだが、
【親の世帯収入が少ない→学校外教育を受けにくい→進学率が低く、就職先選びも困難になる】という状況が現れ、これは、子供が親世代になった時にも連鎖を起こすと言われている。

そんな状況に今は無縁という方もそうでない方もこの実態は気に留めておいた方がよさそうです。
 支払う意思があっても給食費が払えない。修学旅行費用の捻出がどうしてもできない。コンビニで買った夕飯を子供が一人で食べている。

給食を主食としているため、夏休みに痩せてしまう子供。等、噂では聞いていたものの、実際にそういう場面に出くわしてしまうと、どうしたものかと考えてしまいます。

しかし、そのような子供達も裕福な家庭の子供も大量生産の同じ洋服を着て、親は、携帯電話を持ち、一見しただけでは、その暮らしぶりはヴェールに隠されているように見えます。

生活保護の設定枠が厳しくなり、そういう状況が周囲とのコミュニケーションを遮断し対人恐怖が生じて、手厚く用意されている社会保障制度を使えないでいる。もしかしたら、突然、勤め先が破綻してしまったり、大黒柱が病に倒れる。

充てにしていた両親に借金があったりと予想外事態が自分に襲う。なかには親の性格や生活パターンが貧困を生んでしまうケースもあるようでその根本を排除するには一筋縄ではいかないでしょう。

 子供は、親と家庭の収入を選べません。お金で幸せは買えないと言いますが、生きていくには、最低限の情報と知識を得る為のお金は必要です。

ご近所や社会の包容力がなくなっているような世の中で、周りで起こっている事実に自分に何ができるか考えることは、子供たちの未来と連鎖を変える手掛かりかもしれません。
 子供が300円でおなかいっぱい食べれる【こども食堂】があるとTVで紹介されていました。経済的な理由であったり一人で夕飯を食べなくてはならない環境の子供が、温かい夕飯を作ってくれたボランティアのおばちゃん達や同じ環境の子供達と皆で夕飯をとっている光景が映し出されていました。そして、そこには子供達の笑顔と会話が溢れていました。

 周りをよく見回してみると、見えていなかった現実が見えて、私達ができることも身近に潜んでいる気がします。まずは、そういう実態の存在を知ることが初めの1歩になるかもしれません。

いまどきの子供の習い事

私達の幼少時の習い事と代表格といえば、少年野球。ピアノ。書道。そろばん・・・。
2015年、習い事ランキング(ケイコとマナブ調べ)では、第一位が、水泳。第二位が、英語。第三位がピアノという結果になりました。

上位ランキングで見ると、今も昔もあまり変わらないようにも思えますが、英語(英会話)を習っていたという方は、昭和生まれの親世代では、少ないのではないでしょうか?

中学からいきなり始まった感が強いこの世代が、英語に対する恐怖心や苦手意識を子供には経験して欲しくないし、グローバル化の意識から、習って間違いはないと思っている方も多いのではないでしょうか?

この他に気になるのが、プログラミングが10位以内にランキングされたことです。高学年を対象にした講座が多いので、親が習わせたいと思うよりも子供自らの意思なのかと考えられます。

 ところで、実際に習い事の内容を選ぶのは、親が多いと思います。
その裏には、金銭面、送迎可能な時間内といった大人の理由から当然の流と言えるでしょう。

親は、何故 自分の子供に習い事をさせたいのか?自分の子供がそこで何を感じ、何を思い、何が好きで何が苦手か、得意そうな分野を見るための判断材料になります。

家での生活を日常とした時、全く異なる世界感の中で、どう対応していくかを見たいのです。
そこで、私達が知らなかった何かを発見できれば、儲けものです。個人戦もありますが、小さいうちは、グループや団体で行う場では、コミュニケーション能力も養えるかもしれません。

知人に、学校から帰宅して、ダラダラ過ごすのであれば、芸術、スポーツ、勉強系とあらゆる習い事を子供にチャレンジさせているママがいます。

フリーの日が日曜日しかない状況ですが、その子供は自信に溢れ、習い事を楽しんでいるようです。最初は、自由に遊べる時間が少なくていいのかなあ?と疑問を覚えましたが、一定期間を置いた後にでてくる【向き不向き】、【好き嫌い】【行きたくない】といった子供のやる気やサインを事細やかに汲み取っている環境が子供には心地良いのかもしれません。

 子供が成長し、習っているもの=習いたいもの に違いが生じた時に柔軟な考えを持つ母でありたいものです。

しかし、これまでにかかった費用と送迎時間を思い出すと一概に即答を出来ない自分がそこに居る気がしてなりません。悩ましいところですね。

お子様の学習机、用意しますか?

スペースに余裕があれば、お子様の学習机を用意してあげたいですよね。「そんなスペース、今はない・・・」、「買ったところで、物置になりそう・・・」というお話も耳にしますよね?

 小学生になると、仲の良いお友達とのお家の行き来が少しずつ始まり、お家訪問後に「私も机が欲しい!」とどうして、自分だけ無いの?

と言わんばかりに子供にせがまれ、返答に困ってしまう親は数知れず…
実際、机の占有スペースは、椅子の動きも含めると かなりのものになります。その【かなりのもの】を自分の家に取り込むかどうか、ご家庭の考えは様々です。

しかし、これが悩ましいのです。なぜなら、今 購入を控えても、いつかは、買わなければならないと考えているからです。

入学して、担任の先生が話された事で印象に残っている言葉があります。
「学習机は、用意は必須ではありませんが、必ず 自分専用スペースを作ってあげて下さい。」とその先生がおっしゃりました。

そうなのです。入学して間もなくは、教科書とノート程度しか、思い当たらないのですが、2学期になるとテストやプリントを毎日のように持ち帰ってきます。そして、長期休みの前には、お道具箱、絵の具セット、鍵盤ハーモニカ等の大物も持ち帰ります。
長期休暇に入ると、一気に家の狭小さを思い知らされます。歳の近い兄弟のいるご家庭では、新学期に、誤って兄弟の持ち物を持ってきてしまったり… なおさらのこと、専用スペースの必要性を感じます。

例え、学習机を持っていないお子様も、この専用スペースを初めて与えてもらう事で、ここを特別な場所と認識し、1年生の自覚を持ってくれるはずです。

 今は子供部屋を用意してあげられないけど、学習机は買ってあげたいと、リビングに机を置いているお友達も居ます。これなら、家事をしながら、必要な時に勉強をフォローしやすそうです。

その際の選別ポイントは、シンプルなものや、シリーズ化されて成長に合わせて買い足して使える物を選ぶことです。「今は買わないけどいつか買おうね」と、
近くを通ったら無印良品、イケヤ、ニトリ、大塚家具、イルムスなど、ご家庭のニーズに合わせてお子様と一緒に机探しの旅に出るの楽しいひと時となるでしょう。

少し、話は脱線しますが、多くの東大生が子供時代にリビングテーブルで勉強をしていたとTVで見たことがあり、とても勇気付けられた覚えがあります。

本質的な違いも当然あるのでしょうが、決してリビングテーブルでの勉強も悪くないのでは?と思うのは私だけしょうか?

思い出グッズの保管って、どうしてますか?

入学前は、まとめて持ち帰る事が多かった工作。絵のような薄いものから、立体のものまで、形も大きさも様々です。数年間分の保管なら出来ていた方、この先も保管できますか?
 小学生になると、テストや練習プリントを毎日数枚ずつ持ち帰るようになります。また、体の成長を合わせて図工の作品も想像以上に大きなものを作れるようになり、感心するのも束の間、持ち帰ってきた瞬間に「これ、家のどこに飾ろう?飾ったあとどうしよう?」という思いがよぎってしまいます。工作の他にも、お子様が使用しなった衣類やおもちゃのどうするか? この様な悩みは、果てしなく続きそうです。周りを見ていると、このような思い出グッズの行方を判断するのはママ派が多いようです。ママやお子様の性格、兄弟の有無、住宅環境によるところもありますが、ナイス!と感じたアイデアを紹介します。
①写真に残し、一定期間後に処分・・・特に立体物に有効です。お子様と工作を同時に収めることで作品の大きさも残せるのが最大のメリットです。
②オークションの活用・・・使用しなくなった衣類、おもちゃ、絵本等。保管スペースを要する物で二度と使うことはないが、捨ててしまう事に忍びなさを感じている方に有効です。時間と手間は、かかりますが、出品時の写真が残りますし、実際この手間自体を浄化時間と感じるそうです。物の循環は、環境への配慮もあり素敵ですよね。
③トランクルームのレンタル・・・時間もないし、捨てられないし、家に保管するスペースがないという方の最終手段?多少お金はかかりますが、居住よりも圧倒的な破格設定での利用は、コスパ的にも良いかもしれません。預ける期間と荷物要領でレンタル料が決まるのが一般的ですが、解約時に費用が発生する場合もあり、注意も必要です。

以上、断捨離が難しいという方に話をしてきましたが、ご自分にあった方法で進めていかないとどうしても行き詰ってしまいがちです。
写真を撮り、プリントせずにデータのみ保管する方法が、一番取り掛かりやすいように感じます。この際に、データをお子様の成長ステージに合わせてメモリカードに保存すれば、万が一、PCが壊れ,大切なデータも一緒に使えなくなる・・・という悲劇からも解放できます。普段、そういう事に手を貸さないパパもこれ位の作業なら、手伝いをしてくれでしょう。かくいう私は、子供からもらった手紙は、日付とイベント名(母の日や父の日、誕生日等)を書き添え保管していますよ。

これも立派な入学準備!新1年生になるわが子の部屋作り!

まずは子ども部屋を作るにあたって新たに必要なものを確認しましょう。ベッド・学習机は新たに購入するものの代表格ではないでしょうか。ベッドは15,000円~50,000円程度で購入でき、学習机は40,000円~80,000円程度します。布団を敷く場合にはベッドは必要ありませんが、ひとり分の部屋を作るにはそれなりの金額がすることが分かると思います。

その他にもカーテンを子ども向けに新しくしたり、衣装ケースを新調したりするとその分金額がかかってしまいますので注意が必要です。

子どもに与える部屋があらかじめある方はまずその部屋にある荷物の置き場所を新たに考えなければいけません。他にものを移動させても良い部屋があるのか、もしなければものを整理する必要があります。移動先がない場合は家を片付けることができると割り切って整理してしまいましょう。子どもにあなたのための部屋を作るんだから、と言って手伝ってもらえば親子でのコミュニケーションが取れ、今後に続く良い関係づくりができると思います。

デメリットとしてはたくさんのお金がかかる、限りある部屋が丸々なくなってしまうことぐらいでしょう。

子どもに与えられる部屋がない場合はどう対応したら良いでしょうか。そんな場合には「子ども用スペース」を作ってあげるといいかもしれません。

子どもスペースとは子ども部屋に準ずるもので、その名の通りリビングなどの部屋の中にある子ども専用の遊び・勉強スペースのことです。子どもスペースは使用する面積が狭いことが特徴で、また親子間の距離が常に近くコミュニケーションをとりやすいというメリットがあります。

子ども部屋という独立した部屋を持ってしまうと部屋にいる時間も長くなってしまい、親とのコミュニケーションは少なくなってしまいがちです。意識しなくても自然と子どもとのコミュニケーションが取れることは何よりも嬉しいメリットですね。

そして新たに買うものが安価で少ないこともメリットの一つではないでしょうか。ベッドはもちろん机も小さなもので良いのでお財布には非常に優しいと言えます。

デメリットとしては子どもによって専用の部屋がほしい場合もありますので満足感が低くなってしまう場合があることです。

子どものための部屋作りについていかがでしたか?それぞれ良いところが多いですよね。子ども部屋には子どもの夢がたくさん詰まっており、子ども自身で自立させる効果が大きいです。一方子どもスペースは自然と多くのコミュニケーションが取れ、親の愛情を際限なく注ぐ環境があります。どちらも捨てがたいメリットが多いので、子どもや家の環境にあった方を選ぶようにしましょう。入学準備をしながら子どもに寄りそって選択をすれば、どちらを選んでも子どもは喜ぶと思いますよ。

1年生の入学準備には欠かせない学習机選び!何がおすすめなの?

入学準備の際に最も高価な物品である学習机は一般的に40,000円~80,000円程度といわれています。そんな高価お買い物をするのなら子どもの好みに合わせながらも、長く使えるデザインのものが良いですよね。

最近のトレンドとして、昔ながらの大きな学習机は少なくなりスタイリッシュでオシャレなものが増えてきました。昔のトレンドは大きめのデスクに流行りのキャラクターをあしらったものが多かったのですが、最近のものは小さめでシンプル、そして収納は多めのものが多いです。シンプルであることで飽き来ないため、大きくなってからも使えることが特徴でしょう。

例えばニトリの「コンパクトデスク」はニトリのキャッチフレーズ同様お値段以上の良いものとなっています。そのデザインは白を基調としたシンプルそのもので少し小さめのデスクは自然と物を片付けてスペースを確保したくなる雰囲気があります。また大人になってからも勉強や化粧などができるちょっとした机になりますので長く使えるでしょう。そしてそのお値段なんと19,800円~です。

また同じカテゴリの商品にIKEAの「ミッケ ワークステーション」があります。このデスクはシンプルの中にある可愛らしさが全面に出ており、子どもが喜ぶことは間違いないでしょう。そして長い目で見たときにも収納や決して大きくないデスク本体は部屋の邪魔にならず使い勝手のいい机になるでしょう。お値段は14,900円~です。

上に書いた二つは低価格・ハイクオリティの典型ですが、中価格・超高クオリティのものもあります。

カリモクの「ボナシェルタ」は超シンプルなデザインで、木の良さを生かしているからこそのスタイリッシュさが魅力です。また上質な木材を使用することにより上品さも兼ね備えており、どんな家具にもマッチすること間違いなしです。そのため大人になっても飽きることなく使えるでしょう。お値段は61,950円~と高級家具にしては良心的な値段となっています。

無印良品の「タモ材デスク・キャビネット・ワーキングチェア付」も中価格・超高クオリティの代表といえるでしょう。その外観は木目がはっきり見て取れ、高級感に溢れています。そして余分なものは一切排除したそのデスクには最低限の収納を備えているだけで飾り気のないシンプルなデザインです。そのせいか逆にデザイン性が高く見え、オシャレを演出してくれます。お値段は39,800円~と意外に一般的なお値段となっています。

このように学習机には色々な種類があります。最初にも書きましたが、入学準備の段階では決して安くない買い物になりますので、長く使えそうなシンプルなものを選ぶのが吉でしょう。子どもと一緒に選ぶことで良い思い出作りにもなると思いますよ。