携帯電話、いつからお子様に持たせますか?

新しく習い事や塾に通い始めたきっかけに、お子様に携帯電話を持たせようと考える親御さんも多いと思います。お子様から「友達が持っているから自分も欲しい・・・」とねだられた。核家族の親御さんが共働きで一人時間を多く過ごすお子様との通信手段として持たせている等、家庭環境により持たせたきっかけは様々です。
携帯電話を持たせる親御さんの一番の理由は、身を守るためと安全確認でしょう。お子様が一人で外出する際に、今どこにいるか(GPS機能)分かれば、安心材料になり、防犯ブザー付きのものを首からぶら下げ携帯すること自体が防犯対策につながりそうです。
 一方、お子様が携帯電話を欲しがる理由は、不特定多数との通信が出来るLINEやゲームアプリにあるようです。
保護者は、携帯電話を持たせる前にネット犯罪やいじめに巻き込まれるリスクや適正年齢、目的をお子様と十分に話し合い、与えることが必要です。
保護者目線で見ると、予め登録した番号への通話と通信、GPS機能と防犯ブザーのついたキッズ携帯は安心して持たせられそうです。また、携帯電話ではなく、緊急通報とお子様の足取りを地図に記す事ができるツール発売する会社もあります。これなら、携帯電話を持参禁止の学校や電車通学のお子様にも持たせられるかもしれません。
しかし、高学年ではこれらの機能では満足できず、スマートフォンをねだられるケースもあるでしょう。その場合は、いわゆる出会い系や有害サイトからアクセスを回線を利用する際に制御する、フィルタリング設定を忘れずに行ってください。これを行うと、LINEは出来なくなりますが、どうしてもLINEをしたいというお子様には、個別ニーズに合わせたカスタマイズ設定を行える通信会社もあります。

学校の緊急連絡先名簿では、携帯電話の番号を記入している方も多く見られます。固定電話があっても、携帯電話の方が確実に出ることができるという意味もあるのでしょうが、ネット環境が整い便利になる一方で色々なリスクと共存していることも確かです。
ベビー時代から、携帯ゲームやYOU TUBEを見ながら育つ現代の子供達は、徐々にネット環境に慣れてきた大人達よりも、携帯電話の存在がが親しみやすいものとして捉えているのは、当然の事とも言えるでしょう。携帯電話をお子様に欲しいを言われる前に、まず大人である私たちが、携帯電話やスマートフォンの機能を十分に勉強しておくことに越したことはなさそうです。