ママの準備

卒園を控えているママ達は、
「入学式の洋服決まった?」というフレーズをよく耳にしますが、この場合の主語の大半は子供です。

サイズが無くなってしまっては、大変!と子供の入学服は早めに用意はするものの、自分達が何を着るのか考えのは、そのずいぶん後になってからのママがたくさんいらっしゃるようです。

子供に比べると、大人の服はサイズ幅も豊富でいつでもどこでも買えます。持ち合わせのものにコサージュやパール使いで素敵に着飾られている方、お着物の方も拝見したことがあります。

私は着物という発想が全くなかったのですが、お天気に恵まれることの多い入学式で、着物の存在は圧倒感が半端なく、儀式という場において最高の装いではないでしょうか?私の子供の入学式では、各クラスに1人位の割合でいらっしゃいました。

お着物をお持ちの方は、入学式はお着物着る最高のチャンスとも言えるでしょう。是非、候補の一つに入れてみてください。地域の美容院は混雑が考えられるので、早めの予約を忘れずにしてください。

しかし、実際のところ、着物なぞ、持ち合わせのない方がほとんどかと思います。もし、これからの時期に備えて購入することを考えているのであれば、スーツというカッチリ気味のものよりも、コーディネート型のものがお勧めです。

ジャケット、ワンピース、スカートといった同シリーズで展開しているものから自分の用途や似合うものを選ぶことが出来ます。

メーカーによって、3アイテムを超えた用意がなされています。例えば、ジャケット、ブラウスとジャケット素材のスカートでワンピースのように着られるものを購入すれば、入学式以外の晴れの日にも着まわし出来ます。

お色は、品の良いパステルカラー、白、ベージュが無難でしょう。ツイード素材のものを選べば、上品でかつ単品使いができます。また、この手のタイプは、靴とバッグをスーツの同色か黒を持ってくることで、印象が180度異なりますので、コストパフォーマンス的にも優秀です。

 最後になりますが、これはちょっと・・・と感じたファッションです。明らかに短かすぎるスカートや夜の世界を彷彿させるような派手すぎる柄のワンピース。黒のタイツやストッキングも華やかさに欠け、淋しい印象を与えてしまいます。後に配られる、親と子供が一緒に写る集合記念写真で一生残ってしまいますよ。

「このママ、誰のママ?」とママ達の話題の主役になってしまうこともありそうです。あくまでも主役は、子供達で親はその次という考えは忘れずに臨みたいですね。