PTAは、避けては通れない?偏

PTAと聞いただけで、むずがゆくなる。絶望に近いものが待ち構えている。・・・等、そのイメージは人それぞれあると思います。
 そもそもPTAは、Parent-Teacher Association を略したもので、それぞれ【親=保護者】、【先生】、【団体】の意味です。生徒たちの学校生活を大人達の手によって支援するボランティア活動と考えるとイメージしやすいかもしれません。

PTAは、小学校にかかわらず、中学校、高等学校とお子様が学生生活を送る長期間のお付き合いになります。

どの学校にもPTAもしくは、これに準ずる組織は、存在しますが、この加入は義務付けているものではありません。加入、脱退は自由であることをご存知ない方も多いのではないでしょうか?

また、加入した際に【会費】も発生します。もし非会員なら、そもそも役員選定の土台に上がりません。

では、非会員の子供への影響はどうでしょう?PTAは、「その学校に在籍する全ての子供達を幸せにする団体」の理念が基づいているので、楽しい行事に参加できないとか、PTAからの寄贈品を使えないとか、卒業のプレゼントを頂戴できないということはありません。

 しかし、非会員である事実が、周知されると
「非会員の子が、あの行事に参加するのは変よね?」
「PTA会費を払ってないのに・・・」
と一部の心無い人から中傷されることもあるという覚悟は必要かもしれません。保護者の方自身が病気であったり、本当に金銭的に困っていたりと様々な事情を抱えている場合もありますから、これに関して保護者は、無闇に自分の考えを口にするのは慎んだ方がよさそうです。

 さて、PTAですが、実際のところ【案ずるより、生むが安し】の体験談も多く、その活動経験から執行部に上がる方も多くいらっしゃるようです。執行部の方を拝見していると、子供達を守ろう!楽しませよう!育てよう!といった活動ぶりは、神的で頭が下がる一方です。

最初は乗り気でなくても、楽しみながら取り組みをしている方が多く見られます。親や保護者、先生達の笑顔があり、そんな環境で育った子供達が大人になり、PTA会員としての活躍につながる・・・。

そんな連鎖が自然と起こるPTAだったら「1度、役員やってみようかな?」と考え方も少し変わるかもしれません。子供の未来を思えば、今より、もっと風通しの良いPTAになりそうです。そして何より、子供と自分の成長記録として強く心に残ることでしょう。

学習用具の準備は、新1年生保護者会を終えてから!

学校で使用する学習用具の準備は、お子様の入学校の新1年生向けの保護者会後に用意することをお勧めします。保護者会は学校により異なりますが、年明けの1月から2月に行われる事が多いようです。

この保護者会では、学校方針や入学式、学校給食、学習道具の準備、等のお話があります。ここでは、学習道具の準備に焦点を当て、お話します。
 個人が用意する学習用具は、
①ランドセル、②筆記用具(筆箱、鉛筆、赤鉛筆、消しゴム)、③はさみ、④色鉛筆、⑤防災頭巾、⑥給食袋、⑦体育着とその入れ物、⑧上履き・・・等。私学であれば以上あげた用具の他に制服も含め、かなり大掛かりな準備だあり、必要な金額も相応です。

この中には、学校指定のものや、指定ではないが学校で専門販売するものも多く含まれる為、これらの購入は、保護者会後に行った方が無難と言えます。この時期に購入が難しいと思われる方は、学校やその学校にご兄弟を持つ知人の方に相談してみましょう。

 知り合いのお子様が通う公立の小学校では、筆記用具のキャラクターものは、使用不可。消しゴムは、白でにおいのないもの。筆箱は、缶ペンケースやファスナー付き、2面開閉タイプは不可かつ、柄は無地か地模様のもの(色は自由)。と保護者会で指示があったそうです。

その知り合いは秋頃から準備を始めていたので、準備していた物がお家使いとなっていまう事実を知り、落胆したそうです。

かつて、流行のキャラクターものの筆箱や鉛筆を持ってきている子供は、羨望の眼差しで見られましたよね?入学時は、新しいものを買ってもらえるチャンスであり、そのチャンスを剥奪される子供達は少々、気の毒にも感じます。

しかし、この指示には理由がありました。キャラクターものや、次々に進化する文具を持つ事は、【トラブル】や【イジメ】につながると言うのです。

ここまで聞くと、「もう、買ってしまったし、もったいないから」と一概に言ってられません。自分の子供がそのような悲劇に遭遇することを考えたら、用意済みの方も学校側が準じるものに買い換える方が安心かもしれません。

 さて、入学後の初めての授業参観日。何気なく子供達の使う筆箱に目をやると・・・ごく少人数ですが、キャラクターものを使用しているお子様は存在したとのこと。

保護者会後にこの筆箱を用意したかどうかは、分かりませんが、もったいなさとお子様の今後を考えると必然的に購入時期が見えてきます。

お子様の学習机、用意しますか?

スペースに余裕があれば、お子様の学習机を用意してあげたいですよね。「そんなスペース、今はない・・・」、「買ったところで、物置になりそう・・・」というお話も耳にしますよね?

 小学生になると、仲の良いお友達とのお家の行き来が少しずつ始まり、お家訪問後に「私も机が欲しい!」とどうして、自分だけ無いの?

と言わんばかりに子供にせがまれ、返答に困ってしまう親は数知れず…
実際、机の占有スペースは、椅子の動きも含めると かなりのものになります。その【かなりのもの】を自分の家に取り込むかどうか、ご家庭の考えは様々です。

しかし、これが悩ましいのです。なぜなら、今 購入を控えても、いつかは、買わなければならないと考えているからです。

入学して、担任の先生が話された事で印象に残っている言葉があります。
「学習机は、用意は必須ではありませんが、必ず 自分専用スペースを作ってあげて下さい。」とその先生がおっしゃりました。

そうなのです。入学して間もなくは、教科書とノート程度しか、思い当たらないのですが、2学期になるとテストやプリントを毎日のように持ち帰ってきます。そして、長期休みの前には、お道具箱、絵の具セット、鍵盤ハーモニカ等の大物も持ち帰ります。
長期休暇に入ると、一気に家の狭小さを思い知らされます。歳の近い兄弟のいるご家庭では、新学期に、誤って兄弟の持ち物を持ってきてしまったり… なおさらのこと、専用スペースの必要性を感じます。

例え、学習机を持っていないお子様も、この専用スペースを初めて与えてもらう事で、ここを特別な場所と認識し、1年生の自覚を持ってくれるはずです。

 今は子供部屋を用意してあげられないけど、学習机は買ってあげたいと、リビングに机を置いているお友達も居ます。これなら、家事をしながら、必要な時に勉強をフォローしやすそうです。

その際の選別ポイントは、シンプルなものや、シリーズ化されて成長に合わせて買い足して使える物を選ぶことです。「今は買わないけどいつか買おうね」と、
近くを通ったら無印良品、イケヤ、ニトリ、大塚家具、イルムスなど、ご家庭のニーズに合わせてお子様と一緒に机探しの旅に出るの楽しいひと時となるでしょう。

少し、話は脱線しますが、多くの東大生が子供時代にリビングテーブルで勉強をしていたとTVで見たことがあり、とても勇気付けられた覚えがあります。

本質的な違いも当然あるのでしょうが、決してリビングテーブルでの勉強も悪くないのでは?と思うのは私だけしょうか?

ランドセル選び。ランドセルがお安くお得に買えるとしたら

今と昔のランドセルの違いは、何といっても その色、素材、デザインのバリエーションです。家電は新しいものに勝るものは無い!とよく言われます。果たしてランドセルにおいても同じことは言えるのでしょうか?

ランドセルの購入時期は、入学前の12月から1月までで、8割を超えると言われています。つまり、このピークを超えた2月からセール価格で買うことが出来るという訳です。

もともとの上代が高額なので、購入時期を少しずらすだけで、○万という差額が発生します。しかし、ここで、忘れてはならないことが、セール時に欲しい商品が完売してしまっている場合があると言う事実。

人気のある商品は、夏の時点で既に予約受付を終了し、購入不可能と分かった途端にその商品がどうしても欲しい!という経験をされたお母様もいらっしゃるのではないでしょうか?

確実に欲しいと思える商品がある場合は、早期購入が鍵となります。ただ、この場合も早期購入でいわゆる早得をを打ち出しているブランドもあります。

また、ある百貨店では、サイズアウトした子供靴を寄付すると、1足につき500円の商品券に交換でき、商品代金5000円を超える毎に何枚でも使用できる事例もあります。

私も「履けなくなったシューズ、捨てなきゃ良かったわ…」と後悔しました。

ブランドランドセルをお得に買う方法も、ありますよ。ある人気子供服有名ブランドの自社ビルで開催される、スペシャルセールでは、1年前のモデルが12月の時点で2万円以上の割引額で販売されていました。

秋頃までに定価で購入しても、実際に手元に届くのは、年明けということが多いので、好きなブランドのものならOK!という方は必見です。私のお友達のママは、「既に予約している新製品がまだ届いていないという」理由で、お店の方と交渉し、元々の予約を解消し、セール品を購入しました。

そして、そのランドセルは とても可愛いのです。現行商品と比べても見劣りもなく、お子様も喜んでそのランドセルを背負ってます。

同ブランドだったから成せた技ですね。交渉に成功した、ママも頑張りましたよね? 
その年の売れ行きにも依るところでしょうから、毎年、そのセールにランドセルが出品されるかは、一概には言えませんが、魅力的な話だと思いませんか?

他にも、ランドセルを安く購入する方法は、まだまだありそうです。
「安かろう 悪かろう」の時代は、もう終わり、これからは、「欲しいものをお得に買おう!」という時代になりました。

欲しい商品を探すこと事に併行しして、そんな目線を加えた情報収集をしていただくとランドセル探しがもっと楽しくなるかもしれませんね。

ランドセル 色で悩んだら?

今、この文を読んでいらっしゃるのは、もうすぐ小学生になるお子様をもつ親御さんでしょうか?それとも、祖父母の方?それとも…?

 誰もが、小学校入学で最初にイメージするのがランドセルではないでしょうか?CMで、「ピッカピカの…」歌をイメージ方もいらっしゃると思いますが、あのピカピカは、ランドセルにかかるのかも!?とも思えてきます。それでは、ランドセル購入時期と品選びの決め手は、なんでしょうか?

夏休みになるとランドセルのCMをよく目にします。これは、夏休み、孫の田舎帰省中の祖父母の購買を狙ったものと言われています。そのためか、この時期に百貨店や大型スーパーで新製品がラインナップされることも多い様です。祖父母にあたられる方は、今のランドセルが色とデザインのバリエーションの豊かさにとても驚かされると思います。

親世代の方も、男の子は、黒色。女の子は、赤色。という既成事実は何であったのだろうという思いと羨ましさでいっぱいになります。
 ここで、一番多い悩みの種は、大人と実際に使われるお子様の色の好みではないでしょうか?

購入時の年齢が7歳のお子様は、6年間使用するに当たってのイメージが付かないのは仕方なく、今のお気に入りの色を。一方で大人は、無難な色を好みます。

お子様の好みを最大限に聞いてあげたいけど、この色はどうしても妥協できない。という話もよく耳にします。なかには、とにかく安い好みの色のランドセルを購入し、その色が飽きたら買い換えると話す、親御さんの話しも聞いたこともありますが、実際に買い換えたかは不明です。
ですが、それも考えの1つとしてありかな? とも思います。

また、妥協といより、視点の変換になりますが、ランドセルカバーの存在をご存知でしょうか?もともと、雨や汚れ除け目的にランドセルの蓋部分にかぶせて使用するものですが、実は、このカバーもバリエーションが豊かなのです。

キャラクターや、女の子の大人気のアパレルブランドのもの、ブランド専用のものまで出ています。お色も透明性が高く、ランドセル本来のお色を邪魔しないものから、有名テキスタイルの花柄や色つき(ランドセル本来の色が見えない)のものまで出ています。お値段も2千円位から出ています。

 お子様が成長し、大人が選んだお色のランドセルに文句を言われることを考えるなら、最初は当人に選ばせてあげてもいいかな?とこの記事を読んで思い直して頂けると嬉しいです。

1年生の入学準備《手作りグッズ》

実際にどのようなアイテムが必要で準備しなければならないか?ネットや情報誌でもたくさんの掲載があります。情報の仕入れはもちろん必要ですが、実際用意をするタイミングは、就学前に行われる説明会や保護者会に参加した後をお勧めします。

なぜなら、規定のサイズがあったり、想定外に必要なものもあるからです。ここでは、手作り可能なものに特科しお話します。

防災頭巾カバーは、中身の防災頭巾の大きさのみ考慮して作っても、椅子の背もたれに掛けて使用する事もある。また、テーブルクロスは、机のサイズより大幅に大きさが異なる。等、せっかく時間をかけて手作りしても使えないものとなってしまう可能性があるからです。

お子様の大好きな生地で統一してあげたかったのに、再度その生地を買いに行ったら売り切れで…こんな悲劇は、親子共に味わいたくないですよね?

では、実際にどのようなものが必要でしょうか?学校により異なりますが、防災頭巾カバー、給食セット(テーブルクロスやコップ袋)、体育着入れ。制服の無い公立小学校では、移動ポケット(ポケットが無い洋服着用時にハンカチやティッシュを入れて使用)等が考えられます。

「市販品の方が、失敗なく、長持ちしそう。」
「手作りしてあげたいけど、ミシンはちょっと苦手…」
「市販品は手作りと比べてやはりお値段が高くなる」

等々、様々な意見や考えがあると思います。
親にとっては、とても悩ましい現実です。しかし、小学校生活は6年間あるのです。お子様がどんなに丁寧に使用しても洗濯や使用による磨耗消耗は避けられません。全てのアイテムに当てはまりませんが、在学中に買い直しや作り直しが発生します。

手作りしたいけど、自信がない方は、無理に手作りせず、市販品を購入し、入学後に他のお子様がどちらを使用しているのか見て、作った方に、作り方や素材の相談をきっかけにお友達になれるかもしれません。

また、手作りもキャラクターやブランド生地は、値段も高く市販品の方が安くついてしまうことも。他にも、金銭的に余裕があるのなら、百貨店やオークションサイトで規定サイズを好みの生地でオーダーする方法もあります。使用している親御さんは、意外にも結構多いのも現実です。便利な世の中になりました。

以上、手作り品と市販品について述べましたが、参考になりましたでしょうか?親御さんが手作りしたくても高学年になると、それを持つ事が恥ずかしくなって、市販品に乗り換える。…悩んだ事も懐かしい思える日がいずれ訪れますよ。

思い出グッズの保管って、どうしてますか?

入学前は、まとめて持ち帰る事が多かった工作。絵のような薄いものから、立体のものまで、形も大きさも様々です。数年間分の保管なら出来ていた方、この先も保管できますか?
 小学生になると、テストや練習プリントを毎日数枚ずつ持ち帰るようになります。また、体の成長を合わせて図工の作品も想像以上に大きなものを作れるようになり、感心するのも束の間、持ち帰ってきた瞬間に「これ、家のどこに飾ろう?飾ったあとどうしよう?」という思いがよぎってしまいます。工作の他にも、お子様が使用しなった衣類やおもちゃのどうするか? この様な悩みは、果てしなく続きそうです。周りを見ていると、このような思い出グッズの行方を判断するのはママ派が多いようです。ママやお子様の性格、兄弟の有無、住宅環境によるところもありますが、ナイス!と感じたアイデアを紹介します。
①写真に残し、一定期間後に処分・・・特に立体物に有効です。お子様と工作を同時に収めることで作品の大きさも残せるのが最大のメリットです。
②オークションの活用・・・使用しなくなった衣類、おもちゃ、絵本等。保管スペースを要する物で二度と使うことはないが、捨ててしまう事に忍びなさを感じている方に有効です。時間と手間は、かかりますが、出品時の写真が残りますし、実際この手間自体を浄化時間と感じるそうです。物の循環は、環境への配慮もあり素敵ですよね。
③トランクルームのレンタル・・・時間もないし、捨てられないし、家に保管するスペースがないという方の最終手段?多少お金はかかりますが、居住よりも圧倒的な破格設定での利用は、コスパ的にも良いかもしれません。預ける期間と荷物要領でレンタル料が決まるのが一般的ですが、解約時に費用が発生する場合もあり、注意も必要です。

以上、断捨離が難しいという方に話をしてきましたが、ご自分にあった方法で進めていかないとどうしても行き詰ってしまいがちです。
写真を撮り、プリントせずにデータのみ保管する方法が、一番取り掛かりやすいように感じます。この際に、データをお子様の成長ステージに合わせてメモリカードに保存すれば、万が一、PCが壊れ,大切なデータも一緒に使えなくなる・・・という悲劇からも解放できます。普段、そういう事に手を貸さないパパもこれ位の作業なら、手伝いをしてくれでしょう。かくいう私は、子供からもらった手紙は、日付とイベント名(母の日や父の日、誕生日等)を書き添え保管していますよ。

これも立派な入学準備!新1年生になるわが子の部屋作り!

まずは子ども部屋を作るにあたって新たに必要なものを確認しましょう。ベッド・学習机は新たに購入するものの代表格ではないでしょうか。ベッドは15,000円~50,000円程度で購入でき、学習机は40,000円~80,000円程度します。布団を敷く場合にはベッドは必要ありませんが、ひとり分の部屋を作るにはそれなりの金額がすることが分かると思います。

その他にもカーテンを子ども向けに新しくしたり、衣装ケースを新調したりするとその分金額がかかってしまいますので注意が必要です。

子どもに与える部屋があらかじめある方はまずその部屋にある荷物の置き場所を新たに考えなければいけません。他にものを移動させても良い部屋があるのか、もしなければものを整理する必要があります。移動先がない場合は家を片付けることができると割り切って整理してしまいましょう。子どもにあなたのための部屋を作るんだから、と言って手伝ってもらえば親子でのコミュニケーションが取れ、今後に続く良い関係づくりができると思います。

デメリットとしてはたくさんのお金がかかる、限りある部屋が丸々なくなってしまうことぐらいでしょう。

子どもに与えられる部屋がない場合はどう対応したら良いでしょうか。そんな場合には「子ども用スペース」を作ってあげるといいかもしれません。

子どもスペースとは子ども部屋に準ずるもので、その名の通りリビングなどの部屋の中にある子ども専用の遊び・勉強スペースのことです。子どもスペースは使用する面積が狭いことが特徴で、また親子間の距離が常に近くコミュニケーションをとりやすいというメリットがあります。

子ども部屋という独立した部屋を持ってしまうと部屋にいる時間も長くなってしまい、親とのコミュニケーションは少なくなってしまいがちです。意識しなくても自然と子どもとのコミュニケーションが取れることは何よりも嬉しいメリットですね。

そして新たに買うものが安価で少ないこともメリットの一つではないでしょうか。ベッドはもちろん机も小さなもので良いのでお財布には非常に優しいと言えます。

デメリットとしては子どもによって専用の部屋がほしい場合もありますので満足感が低くなってしまう場合があることです。

子どものための部屋作りについていかがでしたか?それぞれ良いところが多いですよね。子ども部屋には子どもの夢がたくさん詰まっており、子ども自身で自立させる効果が大きいです。一方子どもスペースは自然と多くのコミュニケーションが取れ、親の愛情を際限なく注ぐ環境があります。どちらも捨てがたいメリットが多いので、子どもや家の環境にあった方を選ぶようにしましょう。入学準備をしながら子どもに寄りそって選択をすれば、どちらを選んでも子どもは喜ぶと思いますよ。

新1年生の筆箱選びも大切な入学準備!失敗しない筆箱とは?

まず初めに1年生の筆箱の中には何を入れたらいいのでしょうか。学校からの案内では筆箱の中身の細かい指定はあまりないため、何をどれだけ入れたらいいのか迷ってしまう…なんてこともありがちです。

筆箱の中身は鉛筆が3~5本、赤鉛筆が1本、消しゴムが1個、鉛筆削りが1個、定規が1本程度で十分でしょう。小学生は低学年ごろまでのりやはさみは道具箱にしまって学校に置きっぱなしになっている場合が多いので本当に必要最低限で大丈夫です。

これだけ少ない中身を入れられない筆箱はおそらくないでしょう。そのためどの筆箱を選んでも事足りるのですが、色々なタイプの筆箱がありますのでご紹介します。

昔流行っていた鉛筆削り内蔵型の筆箱は今でも販売されています。昔でいう多機能筆箱を大人しい目にしたようなもので、四角タイプものです。鉛筆削りが内蔵されているほか、鉛筆収納用のホルダーや二段重ねになっている点が魅力です。また非常に容量が多くたくさんのものを収納できることも魅力の1つでしょう。しかしながら子どもは容量分だけ余分なものを入れたがり、無くしてしまう原因にもなりかねませんので購入するには見極めが必要かと思います。

補足ですが、何でもかんでも色々な機能の詰まった多機能タイプは現在ではほとんど販売されていないようです。

缶ペンケースは例年一定数の重要があるようです。金属であるため、1年生の子どもが乱暴に扱ったとしても壊れにくいところに定評があるようで、二段重ねになっているものや子ども向けキャラクターとコラボレーションしているものもあります。必要分の鉛筆などを入れるには十分すぎる容量はありますのでこちらもおすすめです。

しかしながら筆箱自体を落としてしまった時に金属性のため大きな音がする点や、収納している鉛筆などが破損する可能性が高い点はデメリットとなります。

袋・ポーチ型の筆箱は今でも絶大な人気を誇ります。この形状のものは大小様々な大きさがあり、それぞれ色んなキャラクターとコラボレーションしていたり可愛らしいデザインであったりと女の子に人気が高そうです。容量が多いものが主流のためたくさんの鉛筆を入れても困らないでしょう。しかしこの形状は収納部分が分割していない場合が多いので複数種類の文房具を入れるとかさばってしまう恐れがあります。

今回は3種類の筆箱をご紹介しましたがいかがでしたか?子どもも初めての筆箱がきっと嬉しいはずです。入学準備をする時期に一緒に好みのものを探してみるときっと楽しいですよ。

1年生の入学準備には欠かせない学習机選び!何がおすすめなの?

入学準備の際に最も高価な物品である学習机は一般的に40,000円~80,000円程度といわれています。そんな高価お買い物をするのなら子どもの好みに合わせながらも、長く使えるデザインのものが良いですよね。

最近のトレンドとして、昔ながらの大きな学習机は少なくなりスタイリッシュでオシャレなものが増えてきました。昔のトレンドは大きめのデスクに流行りのキャラクターをあしらったものが多かったのですが、最近のものは小さめでシンプル、そして収納は多めのものが多いです。シンプルであることで飽き来ないため、大きくなってからも使えることが特徴でしょう。

例えばニトリの「コンパクトデスク」はニトリのキャッチフレーズ同様お値段以上の良いものとなっています。そのデザインは白を基調としたシンプルそのもので少し小さめのデスクは自然と物を片付けてスペースを確保したくなる雰囲気があります。また大人になってからも勉強や化粧などができるちょっとした机になりますので長く使えるでしょう。そしてそのお値段なんと19,800円~です。

また同じカテゴリの商品にIKEAの「ミッケ ワークステーション」があります。このデスクはシンプルの中にある可愛らしさが全面に出ており、子どもが喜ぶことは間違いないでしょう。そして長い目で見たときにも収納や決して大きくないデスク本体は部屋の邪魔にならず使い勝手のいい机になるでしょう。お値段は14,900円~です。

上に書いた二つは低価格・ハイクオリティの典型ですが、中価格・超高クオリティのものもあります。

カリモクの「ボナシェルタ」は超シンプルなデザインで、木の良さを生かしているからこそのスタイリッシュさが魅力です。また上質な木材を使用することにより上品さも兼ね備えており、どんな家具にもマッチすること間違いなしです。そのため大人になっても飽きることなく使えるでしょう。お値段は61,950円~と高級家具にしては良心的な値段となっています。

無印良品の「タモ材デスク・キャビネット・ワーキングチェア付」も中価格・超高クオリティの代表といえるでしょう。その外観は木目がはっきり見て取れ、高級感に溢れています。そして余分なものは一切排除したそのデスクには最低限の収納を備えているだけで飾り気のないシンプルなデザインです。そのせいか逆にデザイン性が高く見え、オシャレを演出してくれます。お値段は39,800円~と意外に一般的なお値段となっています。

このように学習机には色々な種類があります。最初にも書きましたが、入学準備の段階では決して安くない買い物になりますので、長く使えそうなシンプルなものを選ぶのが吉でしょう。子どもと一緒に選ぶことで良い思い出作りにもなると思いますよ。

大変な1年生の入学準備、何が必要かリストアップしていきます。