新1年生のための入学準備!いくらかかるのか大公開!

入学前に揃えておくもの(健診時に注文を取るものを含む)はランドセル・学習机・通学帽子・体操服上下・赤白帽子・上履き・防災頭巾・鍵盤ハーモニカ・道具箱or道具袋・粘土・文房具(鉛筆・赤鉛筆・下敷き・筆箱・消しゴム・はさみ・セロテープ・折り紙・色鉛筆・のり)です。大体これぐらいでしょう。

それぞれの用品がいくらかかってくるのかというと

ランドセル30,000~70,000円程度
学習机40,000~80,000円程度
通学帽子800~1,000円程度
体操服2000~3,000円程度
赤白帽子600~800円程度
上履き500~1,500円程度
防災頭巾1,200~2,500円程度
鍵盤ハーモニカ2,500~5,500円程度
道具箱、道具袋700~1,000円程度
粘土300~500円程度
文房具2,000~2,500円程度

全部をトータルすると80600~168300円程度になります。

入学前だけで10万円前後かかってくると覚えておくとよいでしょう。

ここで費用を抑えるためにはランドセルと学習机がポイントになってきます。安価なものであればランドセルは10,000円、学習机であれば15,000円程度で購入することが可能になってきますのでコストを抑えることが可能になります。その他の用品も抑えることで30,000円程度に全てを揃えることも可能かもしれません。最初は学習机を購入せず入学後に周りのご家庭の様子を見て考えると、価格や耐久性など様々な意見を取り入れて購入することができていいかもしれませんね。

そして入学後に用意しなければならないものに関してもご紹介します。

入学後には、国語や算数のワーク・教科ごとのノート・連絡帳・水着・水泳帽子・絵の具セットなど学校での学習補助的な用品が数多く必要になってきます。ワークやノート類は健診時に注文を取ることもあるようですが、入学後の用品に入れておきます。

ワーク800~1,200円程度
ノート100~200円×5冊=500円~1,000円程度
連絡帳100~200円程度
水着1,000円~2,500円程度
水泳帽子500円程度
絵の具セット1,500~4,000円程度

トータルで4,400~9,400円程度となります。

入学前の準備と入学後の準備にかかる費用を合計すると85,000~177,700円となり、それなりにまとまったお金が必要であることが分かったかと思います。しかしながらそれぞれの用品の費用を見直し、中古品やお下がりで代用するなどをしてコストの改善を行い出費を大幅に抑えることも可能です。

入学準備~入学後まで本当に多くのお金がかかってきますよね。しかし大体いくらかかってしまうのかを把握しておくと多少心構えもできます。今回ご紹介した価格はあくまで参考価格程度ですのでより良いものをより安価に揃えることもできるでしょう。可愛い自分の子どものために尽くしてあげたいですね。

入学準備は大丈夫?新1年生のために上履き入れをプレゼント!

小学校で必要他なる意外なもののひとつである上履き入れは市販のものと手作りのものがありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

市販のもののメリットは作る手間が省け、プロが作る様々な商品の中からお気に入りの1点を見つけることができることです。更に有名なキャラクターとコラボレーションしているものもあり、子どもの人気をバッチリとらえている商品が多いところが魅力です。

逆にデメリットはお金がかかることです。商品として売っているため当たり前ですが材料費にある程度の利益を乗せて販売していますから、その分価格が高くなってしまいます。そのため市販品は品質と価格が比較的高いと言えるでしょう。

手作りのもののメリットは比較的安価に抑えられることで、基本的には材料費だけしかコストがかかりません。また、現在ではキャラクターものの生地も多く販売していますので子どもの好みに合わせた上履き入れを作ることも可能です。

愛情をたっぷり込めて作ることで子どもにも喜んでもらえるのではないでしょうか。

しかしデメリットもあります。価格を比較的抑えられるのですが、失敗して作り直しを繰り返すことで余分なコストがかかってしまう恐れがあることです。あまり手芸に慣れていない場合失敗する可能性は高くなるでしょう。

また入学準備をしている時期は健診や説明会などの重要な行事が重なり、更に他の入学準備に関わる用品をそろえなければならないため上履き入れを作る時間をそれほど取ることができないこともあります。特に入学準備の忙しい時期ですと後回しにしてしまい、なかなか手を付けられないこともあるでしょう。

市販品・手作りのメリットとデメリットはお分かりになりましたか?少しお金がかかってしまうけど買えない値段でもないし、市販品の方がササっと準備できて良いのではないか?と思った方も多いと思います。しかしおすすめは手作りのものです。

手作りの上履き入れは手間もかかりますし入学準備で忙しい時期には億劫になってしまうかもしれません。しかし自分の愛する子どもの為に作った上履き入れはきっと喜んでもらえると思いますし、将来子どもが大きくなった際に良い思い出となるでしょう。また自分にも非常に豊かな経験になり、より子どもへの愛情が高まるでしょう。

非常に多くの手間はかかってしまうかもしれませんが子どもの為に使う時間は他とは比べられない幸福な時間でしょう。愛する子どものためにもぜひ作ってあげて下さいね。

入学準備をしよう!1年生におすすめの色鉛筆は?

色鉛筆を選ぶ際にまずチェックしておくポイントは

ケースの丈夫なもの、
強く力を入れなくても滑らかに書けるもの、
比較的折れにくいもの

の3点です。これらは特に子どもが使う色鉛筆には重要な要素で、少し雑に扱いがちなケースは丈夫な方がいいですし、子どもの発達しきっていない手首への負担やストレスは軽減させるべきです。

また子どもは力を入れがちのため芯は折れにくいものを選ぶべきでしょう。これらの要素を高いレベルで達成しているおすすめの色鉛筆を3つご紹介します。

1つ目はサクラクレパスの「小学生色えんぴつ」です。誰もが知っているブランドが小学生のために製造している色鉛筆で、使用感は固すぎずそれでいて柔らかすぎずちょうど良い書き心地となっています。

またケースがソフトタイプのため落としても中がバラけることなく大きな音がすることもありません。小学生が使用するのに上記の3つのポイントをバランス良く抑えているため、ちょうど良く適しているといえるでしょう。

2つ目はトンボ鉛筆の「ippo!スライド缶入色鉛筆」です。
この色鉛筆は子どもに使いやすいように非常に配慮されています。子どもの力でも開閉しやすいようにスライド式の蓋を採用し、更に片付けがしやすくなるようにお片付け目印がついているため迷わず片付けができるようになっています。

使用感は芯がしっかりとしているため、すぐに折れることはなくややシャープ目な書き心地がします。すらすらと文字を書くように楽しむ子どもに適していると言えるでしょう。

3つ目は三菱鉛筆の「ユニパレット色えんぴつ」です。シンプルイズベストと言わんばかりの色鉛筆で、スマートなケースの中にシンプルな色鉛筆が並んでおり、非常にスタイリッシュでおしゃれな印象を与えるでしょう。

子ども用とはいえプロ顔負けの本格的な色鉛筆ですので子どもの能力を伸ばしてあげたい、自由な発想で良い感覚を身につけたいというような子どもには非常に適していると言えます。

1年生におすすめの色鉛筆を3つご紹介しましたがいかがでしたか?色鉛筆なんてそれほどの違いはないのではないか、100均ショップのものと比べて大差ないのではないかと思っている方も多いと思います。

しかし芯の柔らかさや書く際の滑らかさなど、子どもが使用する際のストレスや手首への負担に大きく関わってきます。子どもの為にもこだわりを持って選んであげると、もしくは一緒に選ぶと初めての学校生活がより豊かになるかもしれませんね。

もうすぐ1年生!いつから入学準備をすればいいの?

まず入学の準備ですが時期としては入学半年前ごろに意識をし始める程度で構いません。ようやく年長さんになり、保育園や幼稚園の一番お兄さんお姉さんになれたのですから少しの間はそんな気分を味わわせてあげたいですし、親としてもそんな頼もしい姿をしばらくは見ていたいですよね。

また自治体にもよりますが就学前健診が10月ごろ、入学前の説明会が2月ごろに行われることが多いです。就学前健診とは4月から小学校に入学する予定の子どもに健康診断を受けさせると同時に知能検査も行います。この健診は自治体が行う義務はあるものの、実際には子どもには受ける義務がないとされています。

そして10月の就学前診断時に学用品の注文を取る場合もあるようでその際に注文をしたものを2月の説明会時に受け取ることもあるようです。そうでない場合にも学校側から必要なものは何か、準備することは何か等の連絡をしてくれますので安心できます。

他にも連絡ノートは用意しておくべきか、鉛筆は何本用意するべきか、等心配になる方も多くいますがこれについても最終の説明会が終わってから用意すれば良いでしょう。連絡ノートなどは学校側から配布される場合もありますので焦って準備してしまうと余ってしまうことになりかねませんので注意が必要です。

しかし早めに準備をする必要があるものもあります。それはランドセルや学習机などです。今では非常に多くのブランドやメーカーがランドセルや学習机を製造しているため商品在庫の絶対数は供給側が多いことでしょう。しかしランドセルは子どもたちに人気のものであれば早くて秋ごろには売り切れになってしまうことがありますし、学習机に関しても在庫切れになって製造待ちなんてことも現実にはあり得ます。

そうならないためにもランドセルや学習机などの子どもの好みに合わせて選ぶ要素が大きいもの、もしくはこれから先長い間使用するものに関しては秋ごろまでに予約を済ませておく必要があるでしょう。

こういった時期が関係してくるものをおじいちゃんやおばあちゃんに購入してもらうという方も多いと思いますので、早めにおねだりをすることがおすすめです。

またその他にも入学式用の服や靴をレンタル、購入する場合にも早めにしておいた方が良いでしょう。衣装についてもランドセルや学習机と同様で、早めに決めておくことでお気に入りの格好で晴れ舞台を飾ることができます。

入学準備をいつ頃から始めるかお分かりいただけましたか?ご紹介したものはあくまで例ですのでお子さんのペースも考えながら準備をすると、楽しく落ち着いて準備ができますよ。