子供ってやっぱり面白い

私が小学校を卒業したのは今から○十年前の話ですが、私の子供も現在、同じ小学校に通っています。

今や、二宮 金次郎の名を聞いたことのない子供達のほうが多いのでないでしょうか?と思うほど学校からその銅像は消えつつあるようです。と思ったら、子供の使っている道徳の教科書に載っているではありませんか!子供の通う学校では、二宮 金次郎の像が存在しています。

私が小学生であった当時の姿は鮮明ではありませんが、同じ場所、同じ格好でその像は存在しているように思えます。
着物を着て、薪を背負いながら本を読んでいるその姿は、時代錯誤すら感じられますが、その銅像が夜、学校を動き回ると子供が話すのです。

正直、保護者として学校に行きその同像を何度も見ているのですが(目に入ったという表現の方がふさわしいかもしれません)、子供時代が聞いた噂がまだ存在することに驚きました。

と同時に小学生の自分を一瞬にしてフラッシュバックしました。【学校は、勉強するところ】という場にあり得ない楽しさを想像してしまう子供達の姿は、今も昔も変わらないのだな。と痛感しました。

 今の子供達の噂は、ただ動き出すだけに収まらず、目から血の涙がを流す。日により、前に出ている足の左右が異なる。

等、ちょっと聞いただけでニヤニヤが止まらなくなるのは私だけでしょうか?保護者会で先生に事実確認をしているママまで居て、一瞬のブームだったのでしょうが、盛り上がりは方が半端ないことが分かりました。

 そういえば、二宮金次郎に限らず、学校の七不思議は他にもありましたよね。今では七不思議ではなく、都市伝説と言った方が、ふさわしいのかもしれません。

 先日、ユニバーサルスタジオジャパンを訪れた時の話です。ハリーポッターエリア内の公共トイレでは、同映画の名脇役であるマートル(トイレの花子さん的存在)の声がする仕掛けがあります。

そこを利用した時に子供が、自分の学校でのトイレの花子さんの噂を語り始めました。映画を観たときにそのような見方はしなかったのですが、世界に共通する学校の七不思議が存在するのだと改めて感動してしまいました。

子供達は、無限大の想像力に溢れていてとまるところを知りません。これからも世界の子供達が永遠に話しを創り続けますように・・・と考えながらのUSJもなかなか趣がありました。

 あなたの子供時代には、どのような学校の七不思議がありましたか?
果たして、お子さんの通う小学校には、七不思議は存在するのでしょうか?どんな七不思議を聞いてくるのか、今から楽しみですね。