「ママ」タグアーカイブ

ママの準備

卒園を控えているママ達は、
「入学式の洋服決まった?」というフレーズをよく耳にしますが、この場合の主語の大半は子供です。

サイズが無くなってしまっては、大変!と子供の入学服は早めに用意はするものの、自分達が何を着るのか考えのは、そのずいぶん後になってからのママがたくさんいらっしゃるようです。

子供に比べると、大人の服はサイズ幅も豊富でいつでもどこでも買えます。持ち合わせのものにコサージュやパール使いで素敵に着飾られている方、お着物の方も拝見したことがあります。

私は着物という発想が全くなかったのですが、お天気に恵まれることの多い入学式で、着物の存在は圧倒感が半端なく、儀式という場において最高の装いではないでしょうか?私の子供の入学式では、各クラスに1人位の割合でいらっしゃいました。

お着物をお持ちの方は、入学式はお着物着る最高のチャンスとも言えるでしょう。是非、候補の一つに入れてみてください。地域の美容院は混雑が考えられるので、早めの予約を忘れずにしてください。

しかし、実際のところ、着物なぞ、持ち合わせのない方がほとんどかと思います。もし、これからの時期に備えて購入することを考えているのであれば、スーツというカッチリ気味のものよりも、コーディネート型のものがお勧めです。

ジャケット、ワンピース、スカートといった同シリーズで展開しているものから自分の用途や似合うものを選ぶことが出来ます。

メーカーによって、3アイテムを超えた用意がなされています。例えば、ジャケット、ブラウスとジャケット素材のスカートでワンピースのように着られるものを購入すれば、入学式以外の晴れの日にも着まわし出来ます。

お色は、品の良いパステルカラー、白、ベージュが無難でしょう。ツイード素材のものを選べば、上品でかつ単品使いができます。また、この手のタイプは、靴とバッグをスーツの同色か黒を持ってくることで、印象が180度異なりますので、コストパフォーマンス的にも優秀です。

 最後になりますが、これはちょっと・・・と感じたファッションです。明らかに短かすぎるスカートや夜の世界を彷彿させるような派手すぎる柄のワンピース。黒のタイツやストッキングも華やかさに欠け、淋しい印象を与えてしまいます。後に配られる、親と子供が一緒に写る集合記念写真で一生残ってしまいますよ。

「このママ、誰のママ?」とママ達の話題の主役になってしまうこともありそうです。あくまでも主役は、子供達で親はその次という考えは忘れずに臨みたいですね。

働く親の考える「小1の壁」

私達の子供時代と比べ、学童保育を利用する家庭は増えてきています。子供達の放課後の預かり先として学童保育があります。

学校の授業が終わってから、仕事が終わるまでの間、子供達の受け入れ先です。仕事を持つ親にとっては、非常に助かる【場所】ではありますが、保育園のような手厚さを期待していると少し事情が違ってきます。

 平日の利用については、さほど問題はないように思います。保育園との最大の差異は、夏休み、冬休み、春休みといった長期休みの利用です。

ここでは、給食はありませんので、毎日のお弁当作りが必須になります。慣れたらそれ程のことではないかもしれませんが、ちょっと考えただけでもハードルが高いですよね。暑い夏休み中は、冷房がきいた室内保管とはいえ、食中毒防止対策も不可欠です。 

 また、これは、学童保育により様々ですが、宿題の問題。授業中に出された宿題を学童保育時間中にやるかやらないかで、自宅に帰宅後の時間配分が大きくちがってきます。宿題(量)は、地域や担任の先生によりますが、ほぼ毎日あり、子供の話しですと、ほとんどの生徒がしっかり学習してきているようです。

学童の環境は、本棚や遊具、校庭開放といった魅力にあふれているので、勉強に慣れていない新1年生が自ら宿題をすることは、あまり期待はできませんし、学童指導員にそれを委ねるのも少し違うような気がします。

体力に少々自信あり!と思っていても学童保育から帰宅した子供が疲れきってしまっていることにビックリする親も少なくありません。

夕飯作り時間中に併行して、子供に宿題をやらせるつもりで、ふと気が付くと子供は夢の中・・・とういこともしばしばで、中には、夕飯も食べずに朝まで熟睡してしまうケースも聞きいたことがあります。

せめて帰宅してからは、寄り添って勉強を見てあげたいと思っていても、当の本人が寝てしまっている。子供が疲れている事を十分理解しているので、寝ている子供を起こしてまで宿題させる気になれない。

でも、親が働いているからと言って、宿題を免除される理由にならないし、それを認めている親と思われたくない。・・・等、様々な葛藤がそこにあると思います。

ここに記述したのは、ほんの一部であろう、小1の壁。突破口のヒントは、家族一人ひとりの努力の積み重ねにあるかもしれません。

大変で辛い思いをしているのは、親だけではありません。子供達も、新しい環境に対応しようと必至に頑張っています。それを考えると、仕事もお弁当作りも乗り越えられる気がします。

働いていないママがいる

いざ、運良く学童保育の確保が出来て、お子様の小学校生活がスタートしました。核家族ではない共働き家庭でも、祖父母の高齢化により利用をする子供達は私達の子供時代より増えています。

また、2015年より、今まで小学三年生までの利用を制限されていた学童保育の受け入れ幅が、小学六年生まで拡大されました。

学童保育に通う子供達は、自分と同じ学童ではなく、自分の家に帰宅するお友達をを見て、初めて働いていない親の存在を知ることもあります。

上にご姉妹がいれば、自然に認識しているようです。これは、保育園のお迎えの時間にバラつきがあっても両親が働く姿をずっと見てきたので当然でしょう。

この頃に、学童保育に通う子供達は悶々とした疑問を抱くようになるのではないでしょうか?
「○○ちゃんのママは、働いてないんだってえ・・・」
「○○くんのママ、何で働かなくていいの?」
と子供に聞かれたら、あなたは、とっさに回答できますか?なんという答えをすれば良いか、言葉が出てこないかもしれません。

そもそも、ここで子供達が抱く疑問を想定さえしてなかったのではないでしょうか?私もその一人でした。復職した際に、既に小学生の子供を持つ職場の先輩にその話を聞き、愕然としたことを覚えています。

また、少し別のケースですが、おそらく共働きの子供が入院をした際にママやパパが日中付き添いをしている親を見て何も聞いていないのに、
「私は、寂しいって言わないの。そう言うとママが悲しむから・・・」
と話しだす子供がいて、言葉が詰まったという話も聴いた事があります。

親達は、子供をずっと見てきたつもりでいましたが、それ以上に子供達は、私達を見てきたと感じざるを得ません。

また、そういう環境が自分の本当の気持ちを親に打ち明けられず、自分の中だけにこもらせてしまうかもしれません。

なかには、学校で勉強をしている時間と同等の時間を学童で過ごす子供達も多いと思います。子供達が学童保育に入り、最初に受ける衝撃波にどう対応するか、今後の子供達の生活に大きく影響をしていきそうです。

また、学童保育で万が一、トラブルがあった場合にどう乗り越えていくか、今後の様々な方向性と対策を踏まえることも頭の片隅に置いておくことも必要かもしれません。

子供達がようやく、学童保育に慣れた頃にやってくる夏休み前にゆっくりと話せる時間があるといいですね。
あなたは、お子さんに
「ママは、どうして働いているの?」と聞かれたら、なんと答えますか?

幼稚園卒のママって保育園卒の子供をどう思っているの?

小学校入学前、今さら何も変えられない事実でありますが、子供の出身が幼稚園か保育園かでどこかに違いが出てくるものだろうか?
と心配をしたことのある親御さんもたくさんいるのではないでしょうか?

私の子供は保育園を卒園しました。
幼稚園卒の子供は、お行儀が良く読み書きの知識もあり、習い事を色々としているイメージがありました。
また、ママ友同士でランチやお茶をする時間を共有し、仕事を頭の片隅に置きながらのランチとはまるでライフスタイルが違い、そういう環境がむしろ子供に与える影響力が強いのでは・・・?と感じていました。

15年以上前に幼稚園卒の子供達を育てた私の姉妹は、保育園卒の子供達にあまりいいイメージを持っていなかった事も確かで「かわいそう・・・」とも言われたことを覚えています。

かわいそうって何よ???とその言葉は何を思って話したかは当時は恐ろしくて聞けませんでした。

ただ、今も昔も変わらないのは、子供との生活時間が多いのは親か先生のどちらかということで、幼稚園は、小学校に入るまでの準備期間の場に対して保育園は、生活を共有する場。という認識でしょうか?

幼稚園ママ達は、保育園卒の子供をどう思っているのか?保育園と幼稚園卒の子供は友達同士になれないのかな?と急に不安になってしまったのです。
子供が小学校に入学し、初保護者会での挨拶で出身園を話す場面があり、そこに無意識に選別をしている自分が居たことを思い出します。

しかし、入学後に子供同士でどこの幼稚園や保育園だったかという話より、「誰と誰が同じ園なんだって。だから仲良しなんだよ。」の方が圧倒的に多かったと思います。

1学期は、相当積極性のあるお子様でない限りは、同じ園の子供と一緒に居ることが多ようです。しかし、二学期頃になると出身園の異なる子供とも居るようになります。

「保育園はあそんでばっかりなんでしょ?」や「保育園の子供は親の愛情が足りない」等、
子供が幼稚園卒の子供に聞かれた事もあったようですが、親である私達が発する言葉の重要さを再認識させられ、それが出身園や地域性によるものではなく、家庭環境によるところが大きいのではないかと思わずにいられません。

、結局のところ、親が思うほどに子供同士は深く考がえていない。もしかしたら、幼稚園ママもこちらが懸念するほど何も考えていないのかもしれません。

最後に保育園出身の子供を持つ親として、1つ保育園卒で良かったこと。
それは、小さい時から給食で育っているので、食べ物の好き嫌いに偏りがなく、例えあったとしても多少の我慢で食べることが出来ること。が挙げられます。

クレヨンしんちゃんのママの様に、子供の嫌いなものをお弁当に詰める努力と優しさがあれば、別ですが・・・