「保護者」タグアーカイブ

PTAは、避けては通れない?偏

PTAと聞いただけで、むずがゆくなる。絶望に近いものが待ち構えている。・・・等、そのイメージは人それぞれあると思います。
 そもそもPTAは、Parent-Teacher Association を略したもので、それぞれ【親=保護者】、【先生】、【団体】の意味です。生徒たちの学校生活を大人達の手によって支援するボランティア活動と考えるとイメージしやすいかもしれません。

PTAは、小学校にかかわらず、中学校、高等学校とお子様が学生生活を送る長期間のお付き合いになります。

どの学校にもPTAもしくは、これに準ずる組織は、存在しますが、この加入は義務付けているものではありません。加入、脱退は自由であることをご存知ない方も多いのではないでしょうか?

また、加入した際に【会費】も発生します。もし非会員なら、そもそも役員選定の土台に上がりません。

では、非会員の子供への影響はどうでしょう?PTAは、「その学校に在籍する全ての子供達を幸せにする団体」の理念が基づいているので、楽しい行事に参加できないとか、PTAからの寄贈品を使えないとか、卒業のプレゼントを頂戴できないということはありません。

 しかし、非会員である事実が、周知されると
「非会員の子が、あの行事に参加するのは変よね?」
「PTA会費を払ってないのに・・・」
と一部の心無い人から中傷されることもあるという覚悟は必要かもしれません。保護者の方自身が病気であったり、本当に金銭的に困っていたりと様々な事情を抱えている場合もありますから、これに関して保護者は、無闇に自分の考えを口にするのは慎んだ方がよさそうです。

 さて、PTAですが、実際のところ【案ずるより、生むが安し】の体験談も多く、その活動経験から執行部に上がる方も多くいらっしゃるようです。執行部の方を拝見していると、子供達を守ろう!楽しませよう!育てよう!といった活動ぶりは、神的で頭が下がる一方です。

最初は乗り気でなくても、楽しみながら取り組みをしている方が多く見られます。親や保護者、先生達の笑顔があり、そんな環境で育った子供達が大人になり、PTA会員としての活躍につながる・・・。

そんな連鎖が自然と起こるPTAだったら「1度、役員やってみようかな?」と考え方も少し変わるかもしれません。子供の未来を思えば、今より、もっと風通しの良いPTAになりそうです。そして何より、子供と自分の成長記録として強く心に残ることでしょう。

学習用具の準備は、新1年生保護者会を終えてから!

学校で使用する学習用具の準備は、お子様の入学校の新1年生向けの保護者会後に用意することをお勧めします。保護者会は学校により異なりますが、年明けの1月から2月に行われる事が多いようです。

この保護者会では、学校方針や入学式、学校給食、学習道具の準備、等のお話があります。ここでは、学習道具の準備に焦点を当て、お話します。
 個人が用意する学習用具は、
①ランドセル、②筆記用具(筆箱、鉛筆、赤鉛筆、消しゴム)、③はさみ、④色鉛筆、⑤防災頭巾、⑥給食袋、⑦体育着とその入れ物、⑧上履き・・・等。私学であれば以上あげた用具の他に制服も含め、かなり大掛かりな準備だあり、必要な金額も相応です。

この中には、学校指定のものや、指定ではないが学校で専門販売するものも多く含まれる為、これらの購入は、保護者会後に行った方が無難と言えます。この時期に購入が難しいと思われる方は、学校やその学校にご兄弟を持つ知人の方に相談してみましょう。

 知り合いのお子様が通う公立の小学校では、筆記用具のキャラクターものは、使用不可。消しゴムは、白でにおいのないもの。筆箱は、缶ペンケースやファスナー付き、2面開閉タイプは不可かつ、柄は無地か地模様のもの(色は自由)。と保護者会で指示があったそうです。

その知り合いは秋頃から準備を始めていたので、準備していた物がお家使いとなっていまう事実を知り、落胆したそうです。

かつて、流行のキャラクターものの筆箱や鉛筆を持ってきている子供は、羨望の眼差しで見られましたよね?入学時は、新しいものを買ってもらえるチャンスであり、そのチャンスを剥奪される子供達は少々、気の毒にも感じます。

しかし、この指示には理由がありました。キャラクターものや、次々に進化する文具を持つ事は、【トラブル】や【イジメ】につながると言うのです。

ここまで聞くと、「もう、買ってしまったし、もったいないから」と一概に言ってられません。自分の子供がそのような悲劇に遭遇することを考えたら、用意済みの方も学校側が準じるものに買い換える方が安心かもしれません。

 さて、入学後の初めての授業参観日。何気なく子供達の使う筆箱に目をやると・・・ごく少人数ですが、キャラクターものを使用しているお子様は存在したとのこと。

保護者会後にこの筆箱を用意したかどうかは、分かりませんが、もったいなさとお子様の今後を考えると必然的に購入時期が見えてきます。