「準備」タグアーカイブ

入学式の親の準備

入学式よりも卒園式の時から用意しとくべきだった・・・と感じたアイテムをご紹介します。1ヶ月間で2回使うことを考えると購入ポイントも高く、のちのちも学校行事に大活躍間違いなしですので3月前に用意しておきましょう。

 それでは、大活躍アイテムその1・・・スリッパです。入学式や卒園式というと、タイトルの書かれた文字をバックに外で写真を撮る図が、どうしても浮かびがちですが、儀式が行われるのは、室内です。
見落としがちですが、足元は意外に目立ちます。パンツ派より断然スカート率の高い式で、かつナチュナルカラーのストッキングをまとった足元までを計算に入れないと、せっかくの装いも台無しになってしまいます。

柄や派手色、カジュアル感の強いスリッパは、景観バランスをくずれしてしまいがちなので、ダークカラーが無難となります。

これらのスリッパは、デパートや専門店でも手に入りますが、ネットで【スリッパ 受験】で検索ワードにかけると、その多種多様ぶりに驚きます。

3cmヒールの付いたものなら、ペッタンコのものより、歩きやすそうですし、スタイルアップも期待できます。また、同素材でできたデザイン違いの男性用のスリッパもあります。夫婦で着用すれば、統一感もありオシャレです。
また、こういったスリッパの大半に、専用のスリッパ袋が付いていることも嬉しい限りです。
レジ袋からスリッパを取り出して靴を履き替える姿と、気の効いた布袋から取り出した共布素材のスリッパを取り出すあなたをイメージしてみてください。

実際にスリッパは、後の授業参観、展覧会、学芸会、PTA等の学校行事では必須アイテムとなりますので、少々割高ですが使えるアイテムNo1といえるでしょう。
 大活躍アイテムその2・・・ビデオやカメラに使える一脚棒です。

長時間、ビデオを持ち続けるのは、大変。3脚は一般的ですが、その占有幅から一般保護者席では禁止されている場合もあります。

その点、一脚の占有幅は、1本の棒ですので両足内に収まります。
伸縮式かつ最短30cmほどの一脚は、持ち運びの利便性も優れています。入学式や学芸会での親の席は、舞台から離れて設営されている場合が多いので望遠使用をすることが殆どです。大切な場面の一瞬に限って、手振れを起こし、怒られることを懸念したらパパ達は、スリッパよりむしろ、こちらを重視しそうですね。

以上、後で揃えるなら入学式前。もしくは卒園式前に準備できれば一番良いのかもしれません。パパとママのスリッパ2足と一脚。2点合わせた予算は1万円未満です。お子様の大切な行事に関わるアイテムなので、入学祝いのなかから捻出するのもありだと思います。

ママの準備

卒園を控えているママ達は、
「入学式の洋服決まった?」というフレーズをよく耳にしますが、この場合の主語の大半は子供です。

サイズが無くなってしまっては、大変!と子供の入学服は早めに用意はするものの、自分達が何を着るのか考えのは、そのずいぶん後になってからのママがたくさんいらっしゃるようです。

子供に比べると、大人の服はサイズ幅も豊富でいつでもどこでも買えます。持ち合わせのものにコサージュやパール使いで素敵に着飾られている方、お着物の方も拝見したことがあります。

私は着物という発想が全くなかったのですが、お天気に恵まれることの多い入学式で、着物の存在は圧倒感が半端なく、儀式という場において最高の装いではないでしょうか?私の子供の入学式では、各クラスに1人位の割合でいらっしゃいました。

お着物をお持ちの方は、入学式はお着物着る最高のチャンスとも言えるでしょう。是非、候補の一つに入れてみてください。地域の美容院は混雑が考えられるので、早めの予約を忘れずにしてください。

しかし、実際のところ、着物なぞ、持ち合わせのない方がほとんどかと思います。もし、これからの時期に備えて購入することを考えているのであれば、スーツというカッチリ気味のものよりも、コーディネート型のものがお勧めです。

ジャケット、ワンピース、スカートといった同シリーズで展開しているものから自分の用途や似合うものを選ぶことが出来ます。

メーカーによって、3アイテムを超えた用意がなされています。例えば、ジャケット、ブラウスとジャケット素材のスカートでワンピースのように着られるものを購入すれば、入学式以外の晴れの日にも着まわし出来ます。

お色は、品の良いパステルカラー、白、ベージュが無難でしょう。ツイード素材のものを選べば、上品でかつ単品使いができます。また、この手のタイプは、靴とバッグをスーツの同色か黒を持ってくることで、印象が180度異なりますので、コストパフォーマンス的にも優秀です。

 最後になりますが、これはちょっと・・・と感じたファッションです。明らかに短かすぎるスカートや夜の世界を彷彿させるような派手すぎる柄のワンピース。黒のタイツやストッキングも華やかさに欠け、淋しい印象を与えてしまいます。後に配られる、親と子供が一緒に写る集合記念写真で一生残ってしまいますよ。

「このママ、誰のママ?」とママ達の話題の主役になってしまうこともありそうです。あくまでも主役は、子供達で親はその次という考えは忘れずに臨みたいですね。

1年生の入学準備《手作りグッズ》

実際にどのようなアイテムが必要で準備しなければならないか?ネットや情報誌でもたくさんの掲載があります。情報の仕入れはもちろん必要ですが、実際用意をするタイミングは、就学前に行われる説明会や保護者会に参加した後をお勧めします。

なぜなら、規定のサイズがあったり、想定外に必要なものもあるからです。ここでは、手作り可能なものに特科しお話します。

防災頭巾カバーは、中身の防災頭巾の大きさのみ考慮して作っても、椅子の背もたれに掛けて使用する事もある。また、テーブルクロスは、机のサイズより大幅に大きさが異なる。等、せっかく時間をかけて手作りしても使えないものとなってしまう可能性があるからです。

お子様の大好きな生地で統一してあげたかったのに、再度その生地を買いに行ったら売り切れで…こんな悲劇は、親子共に味わいたくないですよね?

では、実際にどのようなものが必要でしょうか?学校により異なりますが、防災頭巾カバー、給食セット(テーブルクロスやコップ袋)、体育着入れ。制服の無い公立小学校では、移動ポケット(ポケットが無い洋服着用時にハンカチやティッシュを入れて使用)等が考えられます。

「市販品の方が、失敗なく、長持ちしそう。」
「手作りしてあげたいけど、ミシンはちょっと苦手…」
「市販品は手作りと比べてやはりお値段が高くなる」

等々、様々な意見や考えがあると思います。
親にとっては、とても悩ましい現実です。しかし、小学校生活は6年間あるのです。お子様がどんなに丁寧に使用しても洗濯や使用による磨耗消耗は避けられません。全てのアイテムに当てはまりませんが、在学中に買い直しや作り直しが発生します。

手作りしたいけど、自信がない方は、無理に手作りせず、市販品を購入し、入学後に他のお子様がどちらを使用しているのか見て、作った方に、作り方や素材の相談をきっかけにお友達になれるかもしれません。

また、手作りもキャラクターやブランド生地は、値段も高く市販品の方が安くついてしまうことも。他にも、金銭的に余裕があるのなら、百貨店やオークションサイトで規定サイズを好みの生地でオーダーする方法もあります。使用している親御さんは、意外にも結構多いのも現実です。便利な世の中になりました。

以上、手作り品と市販品について述べましたが、参考になりましたでしょうか?親御さんが手作りしたくても高学年になると、それを持つ事が恥ずかしくなって、市販品に乗り換える。…悩んだ事も懐かしい思える日がいずれ訪れますよ。